無茶なことを考えたことも

メキシコを車で旅をしていると、沿道で色々なものが売られていて
実に面白いです。

旬の野菜や果物が売られたりするの極々普通の風景で、
時折車を止めてはイチゴやオレンジの試食しつつ旅をするのは
のんびりゆったりと時間が流れているのを実感できます。
落花生を買ったりすると、目的地に着くころには床が殻でいっぱい
というようなこともありました。



小鳥などの動物や民芸品などを売っている人達もいます。
ときには、写真のような大きな荷馬車を売っていることもあったり
したのですが、これを日本に持って行けばショッピングモールとか
大きな商業施設で使ってもらえるかも...といったような妄想じみた
ことを考えることも初期のころにはありました。
今から思うと、思い止まって本当に良かったです。

メキシカラー、ふたたび

グアダラハラの町、特にダウンタウンやソカロ、それに世界文化遺産に
登録されたオスピシオ・カバーニャス周辺では、フリーマーケットのような
露店が数多く並んでいて、一つひとつ作り手である店主と会話を交わし
ながら歩くと楽しい時間が過ごせます。

こんなときは、日本では恥ずかしい行為かも知れませんが、
そこはメキシコということで、年甲斐もなく大好物のラムレーズンの
ジェラートを必ずお供にすることにしています。



僕が住んでいたグアダラハラという町は、ハリスコ州の州都なんですが、
ハリスコ州の北側に隣接するのがナヤリ州という州で、州都はテピックと
いう町です。

これらのビーズアートは、ハリスコ州からナヤリ州の山岳地帯に居住する
ウイチョル族というネイティブ・メキシカンの人達が作るものなのですが、
メキシコの民芸品に詳しい人達にとっては、非常にポピュラーなものです。

ハリスコ州やナヤリ州にあるビーチリゾートは、プエルト・バジャルタを
始めアメリカの人達にも人気の高いところですが、そんなリゾート地に
あるマーケットではアクセサリーだけではなく、ピューマなどの動物を
モチーフにした作品やマスクなど多彩なものに出会うことができます。



メキシコは、全土に民芸品の宝庫のような場所が点在するところ
ですので、時間が許せば是非立ち寄って、できたらお土産に
買っていただけたら嬉しいです。

窯の跡?...窯アート?...

先週、日本六古窯のひとつ信楽を訪ねました。
神戸に住んでいながら信楽へは今回が初めての訪問です。
窯元が点在し、地元の丹波や数年前に訪れた常滑と同じような
雰囲気を強く感じました。



もともとトンネル窯のあったスペースに陶器や雑貨の展示販売、
クラシックやジャズなどのコンサート、また美味しいコーヒーに
スウィーツが楽しめる空間がオープンされていて、そのスペースの
ひと隅にメキシコのテラコッタポットやアイアンの雑貨、メキシカンタイル
などを展示させていただくことになりました。


"かまーとの森"ウェッブサイトより

上の写真では、スペースのほんの一部が紹介されているだけ
ですが、広い空間に心地よくジャズが流れています。

“かまーとの森”とネーミングされたこの空間ですが、
トンネル窯の跡だから“かまーと”なのか窯跡にアートなので
“かまーと”なのかは今もって分からないのですが、
とにかく足を運ぶ価値がある空間であることには間違い
ありません。

かまーとの森:
滋賀県甲賀市信楽町長野 1361-4
TEL. 0748-60-8539
URL: http://www.kama-to.jp/

レストラン&バーの吹きガラス

少し前に裾が大きく広がった吹きガラスを使った壁の装飾をご紹介
しましたが、前回のものがお皿とすれば今回のものは花瓶を上下
逆さまにしたような感じになっています。



下の写真のように角度を変えてみるとよく分かりますが、籐で編んだ扇の
天井扇と交互に配置されて色味の少ない質素な天井に鮮やかに咲いた
花のような印象です。日本人ならおそらく籐や手すきの紙などを使った
大きめのペンダントライトを配置したりするんだろうなぁと考えたりするの
ですが、そこはメキシコ人、やっぱり色を使う感覚というか勇気というか
そういうところが実にユニークです。



写真提供 Viri Barba

ホッとする器

今時のメキシコは、と言っても10年・20年単位での話なんですが。
レストランや一般の家庭でも日本と同じような何処でもお目に掛かる
食器を使っているので、食事をするときにも器が気になるっていう
ことはほとんどありません。

ただ、地方のレストランや都会でもメキシコの家庭料理を出して
いるレストランへ行くと、このような土の温もりがある食器を使って
いて、メキシコにいるんだなぁーという気分にさせてくれる。



ある日、テラコッタの鉢を作っている友人のエンリケが、
こんな食器も作っているんだけど...、とのこと。
個人的には大好きなんだけど、日本で売るとなると..ちょっと.。
すると彼が、君の家族へのプレゼントだよ、と。
この写真に写っている皿と碗を家族分用意してくれました。

添えてある絵柄が、伝統的なものから少しアレンジが加え
られていてとても新鮮な感じがしました。
今も大切にして、と言いますか、し過ぎてと言う方が適当かも
知れませんが、まだ一度も使えずにいます。
プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる