ふたつのリアル富士

何処にいても、ここから見えるんじゃないかという所からは誰でも
絶対に探すのは富士山。人気絶大。
人気というよりも、富士山があるんだという安心感かも知れません。

先月、数年ぶりに富士山を見に行きました。
"見に行きました"と言っても、行けば必ず見えるかと言えば
そんなことはなくて、その時も予報では連日雨か曇でした。

数年前の春に行ったときには、見事なダイヤモンド富士を見る
ことができましたし、車で富士山のまわりを一周したときには
あらゆる角度から富士山が見えて感動的な旅ができました。
何度も通っている人から、こんなに富士山が綺麗に見えるのは
今回が初めてだと聞いて、その言葉が信じられないくらい良い
眺めを堪能することができました。



今回は富士宮に着いたときもやっぱり雨、前回がきっと奇跡の
旅だったんだと半分あきらめて、富士山の近くにいるんだという
満足感だけでも良いと覚悟して、陣馬の滝や朝霧高原付近を
車でドライブしました。翌日もきっと雨か曇だろうと思っていたら
天気予報を見ると、何故だか夜中から昼ごろまで晴れになると
いう、またまた奇跡的な展開。
そして、このような富士山を見ることができました。

fujihokusai320.jpg

これも告知されて以来、見に行きたいと思っていた富士山。
大阪で見える富士山、北斎の富士。
ハルカス美術展で開催されている北斎展に行ってきました。
前列をキープしながら、展示されていた作品全てをじっくり
鑑賞してきました。とにかく入場者が多かったので、3時間
くらいは掛かったと思います。ここの富士山を見るのにも
それなりの覚悟が必要だったのは言うまでもありません。

メキシコの伝説的なトリオ、ロス・パンチョスが歌う富士山、
"Se llama Fujiyama -その名はフジヤマ-"も是非いちど聴いて
いただければと思います。

このリンクで聴いていただけそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=wlbOu_dlZxQ

サンシャワー - 東南アジアの現代美術展 -

ここ数年上京する機会がなかったのですが、「そろそろ会いに
来ないともうこの世では会えないよ!」と脅されて(笑)、
学生時代に金欠病に掛かると居候としてお世話になった先輩の
お母上に会いに行ってきました。

上京したついでに三菱一号館美術館で開催されていたレオナルドx
ミケランジェロ展に行こうと考えていたのですが、急きょ変更して
国立新美術館と森美術館の2館で同時開催の"サンシャワー展"へ
行ってきました。

この作品、ばフィリピンのフェリックス・バコール氏の作品で、風鈴を
使っての作品の一部です。自然の風を感じ、光を感じ、音を感じ、
「いま我々が過ごしている世界の状況を感じましょう」というような
作品なんでしょうか。アートは、それを見る人の内面に触媒として
働くようなもののようです。



今回の展覧会では、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、
マレーシア、インドネシア、シンガポール、フィリピンなどの
東南アジア各国のアーティトの現代美術を鑑賞することができ
たのですが、その多くの作品の作者が同年代だということに
気付き、何か申し訳なくやるせないような気持ちになりました。

安保闘争などの時代を経た日本の我々世代が、遊び呆けているとき。
東南アジア各国の同世代達は、内戦や戦後のどさくさのなかで、
苦しみ、そしてもがいていたんだと、多くの作品が語っているのを
肌で感じることができました。お時間がおれば、是非足を運んで
鑑賞していただきたいと思います。

tokyo02.jpg

その日は、ちょうど金曜日だったこともあって、六本木から上野に
移動して国立科学博物館の深海展にも行ってきました。
話題の深海魚デメニギスの標本などもあって感激でした。

神戸のような典型的な地方都市に長く住むようになると、東京に
住んでいたころはあまり感じなかった人の多さにも本当に参って
しまいますが、たまに行くと時間が足りないくらい行くところが
多いです。今回会えなかった友人・知人にも、また近いうちに
会えればいいのですが。


ロマンス、それから - その10 - ベレンの植物園 Jardin Zoogotanico da Amazonia -

テレビ欄でアマゾン川とかカリブ海などのワードを含むタイトルを
見付けると、懐かしさもあってついつい見てしまいます。

先日も番組でマナティーを見る機会があったのですが、若いころに
訪ねたアマゾン河口にある都市ベレンに行ったときのことを思い出
しました。

現地の人にお勧めのスポットということで教えていただいた市内の
動植物園を訪ねたときに撮影した写真です。マナティーの池には、
草がいっぱい水面に浮いていてあまりよく写っていませんが、かろ
うじて胴体と尻尾の部分が写っています。実際には柵が低く間近に
見える池なので、動くとよく見えました。



他にも電気ウナギの池があって手を伸ばせば届くようなところに
何匹もが重なり合っているところが見られたのが驚きでした。
間違ってドボンと落ちてしまうと大変なことになりますが、日本の
水族館などではせいぜい数匹が水槽で泳いでいるだけですが、
この写真に写っているだけでも十数匹の電気ウナギが見えます。

belemzoobotanico02.jpg

この時もいつものように一人でブラブラと園内を歩いていたのです
が、通路を歩いていると放し飼いにされているカピバラがいて、
こちらが歩くとカピバラも歩き、止まるとカピバラも止まってチラ
リと後ろを振り返ってこちらを見る恰好が本当に愛らしかったと
今でも鮮明に覚えています。

belemzoobotanico03.jpg

メキシコのカンクンに最初に訪れたときにもホテルゾーンから少し
離れたところにある道で野生のカピバラを見掛けました。この時も
近づくと少し離れて、止まると同じように止まってチラリとこちら
を振り返る様子は全く同じでした。あの頃は、まだカンクンの開発
が始まったばかりのころで、現在のような本格的なリゾートエリア
が無かったころで自然がいっぱいありました。野生のインコの大群
が頭のすぐ上を横切ったり、人工的な入江ではなくまだまだ本当の
自然が残っていた貴重な空間を体験できて幸運だったと思います。

因みに、前回の「ロマンス、それから」は、なんと2009年にアップ
していました。
http://contigo.blog69.fc2.com/blog-entry-128.html

4/4 - 神戸ジャズデイ -

今年は、年明け早々にマイルス・デイヴィスの「Meles Ahead」という映画を観て、
翌月にチェット・ベイカーの「Born to be Blue」という映画を観に行きました。
それと、昨年のクリスマスに日野皓正さんのコンサートに行きましたので、
なんと3か月連続で個性的なジャズトランペッターの音に触れながら年に別れ
を告げ、新しい年を迎えるという格好になりました。

トランペットやトロンボーンといった金管楽器は、いろいろなジャンルのジャズや
ロック、それにソウルには欠かせない音と言いますか、個人的にもその音が好きで
特にそういう思いがありますが、こんなに続けてトランペッターに関わる映画や
コンサートに行くのは稀ですが、偶然の結果企画が同じ時期に重なったのでしょう。

マイルスやチェットベイカーの音源は以前からウォ-クマンに入れてはいたのですが、
実はあまり聴きこんではいませんでした。もちろんフィクションを交えているとは思いま
すが、映画を通じて彼らの人となりの一部に触れ、改めて彼らの音楽を聴くとそれなりに
以前とは違った音に聴こえてくるのが不思議で、いろいろな思いに浸りながら聴いています。



話は変わりますが、ジャズのビートは4/4、基本的なジャズのビートは4ビートです。
そんなことで4月4日は、日本のジャズの発祥地と言われる神戸のジャズデイという
ことになって、記念日としても登録されているそうです。

暮から年明けに掛けて何らかの形でジャズに関わりがあったのですが、
この4月も昨年10月に結成された神戸ユースジャズオーケストラというジャズバンドが
神戸ジャズデイ2017のイベントでデビューするという情報が入りましたので、
神戸文化ホールへ出かけてきました。

神戸ユースジャズオーケストラは、神戸および近郊の中学・高校へ通う学生で、
ジャズが好きなんだけど学校にはジャズを演奏する部活が無いといった学生たちを
学校の枠を超えて集め、プロのミュージシャンが指導するというスタイルのバンドです。
この日は、実質5か月程度の練習を重ねての演奏でしたが、ジャズ好きな学生が
集まったということもあって、なかなかの出来でした。次はいつ彼らの演奏が聴けるか
分かりませんが、もう既に待ち遠しい感じです。

メキシコ人もビックリ!

先週、ちょっとした用があって高知に行ってきました。
土佐は、大政奉還百五十周年記念ということで「幕末維新博」で賑わっていました。
かつおの藁焼きは美味いし、酒も美味い、本当に高知は大好きなところです。



で、今回偶然ではありましたが、前々から一度は見てみたいと思っていた建築物に出会う
ことができました。たまたま買い物に立ち寄った地元のホームセンターハマートを出て車に
乗ろうとしたろころ、向い側にあったヤマダ電機の後ろにそびえ立った建物に目を奪われて
しまったのです。

高知市内に全く建築を知らないずぶの素人が図面もなく建てた高層マンションがあると
聞いていましたので、いつの日かその場所を調べて見に行きいと頭の片隅にはあったの
ですが、その瞬間が偶然に訪れたのです。メキシコにもそういった建物は数えられない
くらい沢山ありますが、ここまでの規模と質?となるとおそらく皆無でしょう。メキシコ人も
まさにビックリです。違法建築の極みというか、どさくさに紛れたとしてもこれだけのものを
建ててしまった才能には感服してしまいます。

下の写真は、建物の右側角から撮ったものです。
次に高知へ行くときには、あらかじめ少し時間を取って可能なら内部も拝見させていただ
きたいと思っています。やっぱり凄かった、沢田マンション。

Kochi02.jpg






プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる