ミスティ -Misty-

今朝車のエンジンを掛けると同時にAMのラジオが鳴り始めた。
外気温をチェックすると3度だった。あまり面白そうではないラジオのトークとこの寒さ、
何気なくジャズヴォーカルのオムニバスCDをセットして走り始めた。
数曲目にジューンクリスティ-June Christy-のミスティが始ったころに、埃のような雪が
舞っていた。しばらくして六甲の埠頭に着き山の方を見ると六甲山は雪景色で霧が掛か
っているようにも見えた。あまりにもタイミングのいい、Mistyだった。
大学に受かって上京する直前に聞いていた音楽は、地元関西のウエストロードブルースバンド、
上田正樹&サウストゥサウス、憂歌団など泥臭いブルースやR&Bだったけど、東京の同年代の
人達が聞いていたのは、金子マリ&バックスバニーなどルーファースのような少し都っぽいR&B
なのを知って、東京と関西の嗜好の違いは"うどんのだし"だけではなかったことが分かった。
この東京に早く馴染もうとしたためではなかったけれど、大学に入るとジャズ関係のサークルに
入った。ジャズという音楽には興味はあったれけど、殆ど聞いたことがなかったので全くの
無垢状態。サークルにも慣れた頃、仲間と行き始めたのが渋谷にあったミンガスという
ジャズベースの巨匠の名前をいただいたジャズバーで、道玄坂を上がり少し右に入って
ムルギーカレーの確か左手を奥に行ったところだったと記憶する。ここのカレーも懐かしい。
数年前に読んだ金原ひとみ氏の"蛇にピアス"という小説のタットゥーの店が確か道玄坂の
その近辺のような設定だったので、とてもイメージしやすかった。
そのミンガスでサントリーホワイトのボトルを入れて、水割りを飲みながら雑談していると
上級生がエロールガーナー-Errol Garner-のLPをリクエストしてジャケットが壁に掛かった。
女性の憂いに満ちた表情がジャケットの写真で、今でも新鮮に記憶に残っている。
今なら、ミスティと言えば誰でも知っているジャズのスタンダードナンバーだということが
分かってはいるけれど、僕にとっては一番最初に好きになったジャズのナンバーであること
に違いはないし、今でも好きな曲のひとつだ。

霧の中の花時計。-Zacatlan, Puebla-

昨日はラリー・カールトン -Larry Carlton-

あと数日で10月だというのに昨日は30度近くまで気温が上がって、
まるで夏が戻ってきたようでした。
来月の8日からメキシコへ行く準備もあって、ひとり車で出掛けたのですが
気分は秋なのに現実には夏、そんなときは夏と秋の気分に溶け込むだろうと
ラリー・カールトンのCDをセットしてみました。これがなんとヒットでした。
テキーラなんかも曲目にあるのですが、なんか洗練されすぎてテキーラじゃ
ないみたいですが、それなりに良いんですな、これが。

若いころからギタリストに対する憧れがありました。この年になってもまだ
憧れの気持ちは変わりませんが、つまりはなかなかギターがまともに弾けない
ということの裏返しなのですね。もっとも上手くなろうという努力もしていない
ので仕方ないことではありますが。

初めての外国人ミュージシャンのコンサートは、高校時代に定期考査の最中なのに
大阪の厚生年金ホールまで出掛けて聴いたカルロス・サンタナ-Carlos Santana-でした。
サンタナはメキシコのグアダラハラ市出身なので、そのときからメキシコにも縁が
あったのかも知れません。また大学に受かって18歳で上京したときに伊勢丹裏の
ピットインに行ったときは渡辺香津美さんの演奏でしたし、新宿のタローでは
杉本喜代志さん、銀座のスウィングでは中牟礼貞則さん、何故かそれぞれのライブ
ハウスに初めて行ったときのメインの演奏者はギタリストでした。

好きなギタリストのスタイルというのは特にないのですが、むしろ違うタイプの
演奏を聴くのが好きです。
ジョー・パス-Joe Pass-、ウェス・モンゴメリー-WesMontgomery-、
ジャンゴ・ラインハルト-Django Reinhardt-、ジム・ホール-Jim Hall-、
フレディ・グリーン-Freddie Green-、B.B.キング-B. B. King-、
ジョージ・ベンソン-George Benson-、りー・リトナー-Lee Ritenour-、
ジミー・ヘンドリックス-Jimi Hendrix、ディッキー・ベッツ-Dickey Betts-、
エリック・クラプトン-Eric Clapton-、
まだまだ切りがありませんが、素晴らしいギタリストばかりです。

これは、カルロス・サンタナのロータス-LOTUS-というレコードアルバムに
付属していた横尾忠則さんのイラストです。本当に懐かしい。
もう横尾さんも74歳になられたんですねぇ。

迷ったときは、グロリア -Gloria Estefan-

その日の気分で今日はこのCDにしようとか大方決まってしまうのだけれど、
ポッカリと空間が空いたように気分が乗らないときというのはあるもので、
そんなときは必ずグロリア-Gloria Estefan-のCDを選んでしまう。

グロリアの声を聞くのは、80年代の前半メキシコに住んでから程なくのことで、
その時点では個人的にあまり馴染みのなかったキューバ系のサウンドのマイアミ・
サウンドマシーン-Miami Sound Machine-のリズムに酔い、それにうまくマッチ
したグロリアの声に魅了されてしまったようだ。

メキシコに移り住んだ当時、メキシコのポップなどにはまだ少し不慣れな自分が
あったので、どうしてもジャズやアメリカのポップを聴こうと無理をしたものだ。
そんなときによく聴いたのが、メキシコシティのラジオ曲-Jazz FM-だった。
あの頃よくかかっていたのがスパイロ・ジャイラ-Spyro Gyra-で、マイアミ・
サウンド・マシーンと同じように、これまで聴きなれたアメリカの音楽から
ラテン音楽にも馴染もうという自分なりの移行期だったのかも知れない。

舌足らずのナット -Nat King Cole-

外国人の歌手が日本語で歌を唄うと舌足らずなんだけど妙に心地良いことがある。
ナット・キング・コールが歌うスペイン語やポルトガル語の歌は、ちょうどそんな
感じがする。

かなり以前から彼がスペイン語で歌っているCDを1枚持っていたのだけれど、
近くにある夏は鱧(ハモ)天うどんが最高のジャズが流れる讃岐うどん屋さんで、
僕のナットのCDにはないスペイン語の曲が流れているので、思わずオーナーに
「この曲、有線で流れているの?」と聞いてしまった。するとCDのジャケットを
持ってきてくれて、彼の兄上が持ってきてくれたとのこと。早速、帰宅して
amazon.comをチェックしてオーダー。便利な世の中になったものだ。

今日は、その2枚のCDを久し振りに車中で聴きながら、一緒に大声で歌って
しまった。イーディ・ゴーメ-Eydie Gorme-やヴィッキー・カー-Vikki Carr-と
いったアメリカの女性歌手たちもスペイン語の歌が抜群に上手で大好きだけど、
このナットの舌足らずのスペイン語の歌が何度聴いても良いのだから仕方がない。

タンゴやサンバも少しあるけれど、大半がメキシコの楽曲でボレロもあれば
マリアッチもあって、本当にナットは聴き手に歌心をきっちり伝えられる
歌手だと改めて感心してしまった。
プロに向かって、ちょっと失礼だったかな。

今週はビッグバンドな気分

小野リサさんのボサノバにちょこっと浮気をしたけれど、
今週はGRP ALL-STAR BIG BANDを聴き込んでいる。
マイルス・デイビス作曲の"ALL BLUES"などが収録されているアルバムで、
アルバムタイトルも"ALL BLUES"になっている。
その他、ジョン・コルトレーンのSOME OTHER BLUESや、
ブルースの名曲STORMY MONDAY BLUESなど、まさにALL BLUESだ。
メンバーがまた凄い、アルトゥーロ・サンドバル(Tp)、トム・スコット(Ts)、
デイブ・グルーシン(P)、ランディー・ブレッカー(P)、ジョン・パティトゥーチ(B)、
エリック・マリエンサル(As)、ボブ・ミンツァー(Ts)、アーニー・ワッツ(Ts)、
マイケル・ブレッカー(Ts)、アレックス・アクーニャ(Per)、リー・リトナー(G)、
まだまだ書ききれないほどのALL-STARの共演で、客演にはB.B.キングや
チック・コリアなども加わっている。
とにかく、アンサンブルもソロも凄いのひと言、音量を上げてガンガンに
して繰り返し聴いてしまった。
プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる