タイルの家 -Casa de los Azulejos-

メキシコシティは観光スポットの多いところで、近郊のテオティワカンやトゥーラの
ピラミッド、それにポポカテペトル山麓にある世界遺産などを含めると一週間では
とうてい全てを訪ねることは難しいと思います。極端な話、市内の歴史民俗学博物館
-Museo Nacional de Antoropologia-だけでもじっくり見ると数日は必要です。
初めての観光でメキシコシティへ行かれる場合、どうしても駆け足で観光スポットを
回ることになるかとは思いますが、市内の観光でたいてい訪れるのがソカロ-Zocaro-と
呼ばれる大統領府前の広場です。ソカロ周辺には、歴史的建物も多く見所も多いです。
その中のひとつにタイルの家と呼ばれる建物があって、伊達正宗がスペインに送った
支倉常長一行の使節団が、メキシコ滞在中に 宿泊したと言われているところです。
かつてメキシコに住んでいたときに、その話は聞いたことはありましたし、もちろん
建物の前を何度も通ったこともありましたが、一階にあるサンボルンズ-Sanborns-
というカフェレストランを利用したくらいで、じっくり中を見たことはありませんでした。
昨年のメキシコ行きでこの建物の前を通ったとき、"そうだ、ここはメキシカンタイル
の殿堂だったんだ"とふと思い、中に入ってみることにしました。
16世紀のバロック建築で、ちょっとゴテゴテした感じがなくもないですが、
そこに何かメキシカンタイルの使い方のヒントがあるかも知れません。
パリやミラノのコレクションもそのままでは身にまとえないですが、少しアレンジ
すれば我々の生活に使えないことはないように。

これは、建物裏手の壁面です。観光ガイドなどでは正面角の綺麗な写真が紹介されて
いますので、格好良い写真をご覧になりたい方は、そういうものか実際に訪れて確かめて
いただければと思います。とにかくカンテラ(自然石)のレリーフが入った窓枠を除いて
全てタイルが貼られています。



窓の部分のアップです。レリーフが、結構深く細かいです。
内部の様子は、次回のお楽しみということで。

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる