恋しいときは

メキシコから離れている時間が長くなればなるほどメキシコの味が恋しくなって
きます。前にメキシコからいつも持ち帰るサルサ-ソース-のことを"メキシコの味"
という記事のところで書きましたが、あのサルサは自分なりにいろいろと試してみて
気に入ったものでした。
今日の写真は、グアダラハラの友人マリアエレナがすすめてくれた缶詰です。
豚肉や七面鳥などの肉の缶詰なのですが、ざっくりと刻んだ玉ねぎと一緒に炒めると
アッという間にタコスの具ができるという優れものです。あくまでも缶詰なので、
正真正銘本場メキシコの味とは言えませんが、恋しい気持ちを満足させるには十分です。
この頃はアボカドもすっかりポピュラーになって、どこのスーパーでも手に入りますので、
アボカドを使ったグァアカモレ風のサルサやトマトと玉ねぎを使ったサルサメヒカーナ
などを準備すると、さらに本場の味に近付きます。
これらのサルサには、当然シラントロ-コリアンダーは欠かせません。
シラントロを加えれば、もう一気にメキシコへ行ったような気分です。
好みに合わせて溶けるチーズなどを加えるのもOKですし、生のハラペーニョやグリーン
チリが手に入ればもちろん加えてください。どんどんメキシコとの距離が縮まります。
メキシコのスーパーマーケットは、本当に帰国土産の宝庫なんです。

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる