焼物工房のディスプレイ

プエブラのタラベラ焼は、スペインのタラベラ・デ・ラ・レイナという
陶器の町から伝来したということを以前ご紹介しましたが、プエブラでは
新進の工房で、まさにそのタラベラ・デ・ラ・レイナ-Talavera de la Reina-
という町の名前を工房に付けた窯元があります。

この工房のディスプレイは、写真をご覧いただいて分かるように
他の工房と比べると実に斬新な感じがしました。漆喰の壁にガウディ
のモザイクを彷彿とさせるような装飾が施されていて、少しトロピカル
な雰囲気も漂っていました。全体的なまとまりという意味では、
もう少し考えて欲しいと思ったりもしますが、これまでとは違う見せ
方をしたいという気持ちは十分に伝わってきます。

>

前にご紹介した老舗ウリアルテ工房は伝統的なデザインをメインに
していますが、このタラベラ・デ・ラ・レイナ工房では、伝統的なデザインも
制作されてはいますが、伝統的な柄を少しアレンジしたものや新たに起こした
モダンなデザインを多く手掛けているのが特徴です。

メキシコに旅行される機会があれば、世界遺産都市プエブラを目的地の
ひとつに加えて、タラベラ焼の工房なども訪ねていただきたいと思います。

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる