Japanese Cultureと日本の文化

今回の東北の災害では、彼の地特有の人々の人としての質的なものが強調された
という印象がありますが、実に東北の人々は、この国の誇るべき人々として記憶
されべきではないかと思います。

この災害を機に、日本のいろいろな側面が世界に紹介されたと思うのですが、
芭蕉が歩んだ東北の地を句につづったものを紹介されるのには少し誇らしくも
あるのですが、日本のかポップカルチャーが海外の若者たちに受けていることに
対しては、少し違和感がないわけではありません。

とは言え、海外の人達と長くお付き合いをしていると、だんだん日本の内情を
知られて恥ずかしいといった感情が失せてきて、オープンに自分の国を見て欲しい
といった感情が生まれることがあるのは確かです。

取っ掛かりは何であれ、日本に興味を持ってくれる若者たちが多いのは、
理屈なく嬉しいですね。

グアダラハラ市のエキスポ会場で開催された日本のアニメワールドに参加した
ときのコスプレ写真を友人の子供たちが送ってくれました。

そう言えば、彼ら数人が家に数日雑魚寝滞在したときに"そんなの関係ねぇ"が大流行り、
ビデオで撮影してYouTubeとかにアップしてましたね。
彼らにとって日本というのは案外身近な存在なのかも知れません。


プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる