編んだ もんだら




「もんだら」とは、東北の言葉で藁(わら)タワシのこと。.....
と、このタグのなかにその由来や東北に暮らすお母さんたちが集い
「和気あいあいと」編んでいますよ、といようなことが書かれています。

3日の日曜日、神戸市立須磨水族園でボランティアフェスティバルが
開催されたのですが、ボランティアをしている友人からの誘いもあり
イベントの応援も兼ねて訪ねてきました。
隣接するいくつかの市や大阪方面からも複数の博物館も参加され
それぞれのブースで面白そうな展示やちょっとした体験ができるような
活動をされていました。

フェスティバルの総合ブースで販売されていたのが、
下の写真のような「編んだ もんだら」でした。
これは、マンボウですが、タコ、ホタテ、メカブなどなど可愛い海の
キャラクターが揃っていました。



ひとつ500円で販売されていましたが、その全額が東北へ送られる
とのこと。売上金の一部ではなく、全額というところが嬉しいです。
皆さんもどこかで出会うことがあれば、是非ゲットしてください。
本来はタワシなんですが、須磨のボランティアのメンバーは、小さな
ぬいぐるみのようにピンでシャツやバッグに付けてアクセサリーに
していました。いろいろな使い途がありそうです。

それと、ひとつひとつのタグには、それぞれの「もんだら」を作った
人がサインをしていて、メールでメッセージを送ってください!と、
制作集団の代表メールアドレスが印刷されていました。

企画・デザイン・制作/さざほざ
http://www.sazahoza.kontena.jp

3.11の日、がんばっている東北のひとたちのサイトを見るのも
被災地のひとたちのことを思うひとつの方法かも知れません。
プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる