メキシカラー、ふたたび

グアダラハラの町、特にダウンタウンやソカロ、それに世界文化遺産に
登録されたオスピシオ・カバーニャス周辺では、フリーマーケットのような
露店が数多く並んでいて、一つひとつ作り手である店主と会話を交わし
ながら歩くと楽しい時間が過ごせます。

こんなときは、日本では恥ずかしい行為かも知れませんが、
そこはメキシコということで、年甲斐もなく大好物のラムレーズンの
ジェラートを必ずお供にすることにしています。



僕が住んでいたグアダラハラという町は、ハリスコ州の州都なんですが、
ハリスコ州の北側に隣接するのがナヤリ州という州で、州都はテピックと
いう町です。

これらのビーズアートは、ハリスコ州からナヤリ州の山岳地帯に居住する
ウイチョル族というネイティブ・メキシカンの人達が作るものなのですが、
メキシコの民芸品に詳しい人達にとっては、非常にポピュラーなものです。

ハリスコ州やナヤリ州にあるビーチリゾートは、プエルト・バジャルタを
始めアメリカの人達にも人気の高いところですが、そんなリゾート地に
あるマーケットではアクセサリーだけではなく、ピューマなどの動物を
モチーフにした作品やマスクなど多彩なものに出会うことができます。



メキシコは、全土に民芸品の宝庫のような場所が点在するところ
ですので、時間が許せば是非立ち寄って、できたらお土産に
買っていただけたら嬉しいです。
プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる