玄関扉の面格子

前回のアイアンに関する記事でも書きましたが、チャンスがあれば
ちょっと気になる窓やドアーの面格子の写真を撮っています。

この写真は、グアナファト州ドローレス-Dolores Hidalgo-の町で
撮ったものですが、特別な場所ではなく、ごくごく普通の民家です。
前回の写真は、覗き窓程度のサイズでしたが、今回のものは覗き窓
であると同時に、多分玄関先のパティオでフィエスタなどをするときに
外からその様子が見られるように配慮したものではないかと想像できます。

ドローレスという町は、メキシコの歴史に興味の無い方にとっては、
取るに足らない地方の田舎町に過ぎませんが、一般的にドローレス・イダルゴと
呼ばれるように、スペインから独立を勝ち取るために"独立の父"イダルゴ神父が
最初に雄叫びをあげた場所、つまりメキシコ独立運動の発火点になった
場所として有名で、パトリオティズモ-愛国心-の原点とも言える場所なのです。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる