工業製品ではありません

これはメキシカンタイルの話です。

スペインから伝わりメキシコで作られているタイル。
いわゆるメキシカンタイルは、機械生産されている工業製品ではありません。
工芸品、それも"素朴な"という形容詞がピッタリの工芸品です。
民芸品に近い工芸品と言ってもいいかも知れません。
京都桂離宮の内装品のような精緻な工芸品ではありません。

成型も絵入れも全て手作業で行われるので、これらの写真のように厚さや大きさが
不揃いだったりします。
実際に施工する立場の職人さんにとっては、規格品を扱うのとは違って、
ここは腕の振るいどころではないかと思います。
以前の記事にも書きましたが、メキシコのタイル職人たちは、このようなタイルを
上手に使いこなしています。

型を使った成型で、どうしてこんなにサイズが違ってくるのだろうと思いますが。
因みに実測で、右側のタイルが100mm角、左側が98mm角です。



左側のタイルの厚みが9.5mmで、右側が8.5mmです。
このように厚さも微妙に違います。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる