植物の楽園 -Foltin de las flores-

メキシコの最高峰オリサバ山(5610m)-Pico de olizaba-の麓に
フォルティン・デ・ラス・フローレスはあります。
この町は、海の幸・山の幸が豊富でメキシコでも最も自然の恵みが豊かな
州のひとつベラクルス州-Veracruz-に属しています。
フォルティン-fortin-とは小さな砦を意味しますが、まさに花の砦の中に
いるような感じのする町です。もちろん産業としての園芸も盛んです。

緑にマッチするようなメキシコの工芸品というコンセプトでテラコッタ、
アイアン、ブローグラスなどの製品をセレクトしてスタートしたとき、
神戸の六甲アイランドというところにJETRO(日本貿易振興会)の
インポートスクエアというスペースがあって、そこでメキシコから届いた
工芸品を一般に紹介することができました。
その時に商品と合わせるグリーンとして使ったのが一般にエアープランツ
として知られているティランジアでした。

メキシコでは、このフォルティン周辺が最も多くティランジアが見られる
ということを知り、原産地でティランジアを是非見たいと思い訪ねてみた
というわけです。

この写真は、ホテル・フォルティンの庭にあったパルメイラスに着生している
オンシジウムです。信じられないくらいの大きな株ですね。
全く"花の小さな砦"という町の名前に相応しい光景でした。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる