赤の面格子

今日の面格子は、メキシコシティの住宅街で撮影したものです。

メキシコではよく見掛ける典型的なデザインの面格子ですが、
このように赤く塗られたものは珍しいです。

窓や屋根部分の淵に白い目地が施された煉瓦が並べられていますが、
壁の白い漆喰と煉瓦や面格子の赤のコントラストが、さりげなく良い
雰囲気なっています。

面格子は黒が多くて、半ば固まったイメージがあるような気もしますが、
こういう配色もまたオシャレな感じがします。

comment

⇒ 面格子  byカイマン (URL)  at2009-10-02 13:43 X

大きなガラスのはまった開放的な窓に慣れた日本から来ると、面格子ってうっとおしく感じますけど、陽光の強いメキシコでは気になりませんね。
何より安全です。
ガラス戸を閉めないで外出できます。
暑い時期は、夕方戻ってくると冷気が部屋に入っていて、ほっとします。
格子の幅は14センチぐらいって規格になってるって聞きました。
泥棒が子供を押し込んで、中から扉の錠をはずさせないためだそうです。

⇒ Re: 面格子  byTequilaMasa (URL)  at2009-10-02 18:56 X


面格子に注意を払って見る人間っていうのも珍しいと言いますか、
多分泥棒さん達か建材関連の業者の人間だけだと思います。

今度、帰国される折にでも見ていただけると良いのですが、
日本でも通りに面した1階の窓には大抵面格子が設置されています。
ただ、アルミなど大量生産された新建材のものが殆どで、
メキシコのように鉄製で手作りの面格子はあまり見かけないんです。
コストと錆がその大きな原因だと思いますが、やっぱり手作りのものは
その質感が醸し出す温かさとか高級感がとても良いですね。

格子巾の規格は、納得です。目から鱗でした。ありがとうございます。

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる