ガラスのエスフェラ - esfera -

昨日は、チナウアパン-Chignahuapan-とう町に行ってきました。
滞在中のサカトランからは車で約30分程度の隣の町です。
エスフェラとは直訳すると"球"なのですが、ここチナウアパンは、
クリスマスツリーを装飾する"ガラスの玉"の生産地として有名なところです。

このような装飾球は、工芸が盛んなメキシコでも既に中国製のプラスチックに
置き換わっているものと思っていたのですが、ここではまだ約200ほどの
工房が手作りの玉を生産しているということです。

カトリックの国メキシコでは、それぞれの家庭で立派なクリスマスツリーが
飾られます。ツリーの下には、キリスト生誕の様子を人形などを配置して
飾っている家庭も多く見られます。クリスマスツリーの飾りつけをする時期も
近づいたこともあって、生産も佳境に入っていました。

メキシコ人の友人がアテンドしてくれているというメリットで、エスフェラを
作っている工房のひとつを訪ねることができました。

40mm程度の管状のガラスを適度な長さに切断して、両端を引きながら
少しずつ伸ばす工程です。


伸ばした両端の部分から息を吹き込み中央部分を膨らませます。


少し硬い板状のものを押しつけながら引いたり押したりしながら
下のような形に仕上げます。(今回はベルの形)


出来上がったガラスに顔料や金属粉を使って装飾し、
このような製品に仕上がります。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる