サカトラン市庁舎 -Palacio Municipal de Zacatlan-

メキシコ人の友人がいなければ、まず訪ねることのないところではないかと
思いますが、プエブラ州の人口8万人にも満たない小さな町サカトランにも
ネオクラシック様式のこんなに立派な市庁舎があります。
19世紀末期に建てられたという庁舎のファサードは、こういう建物の主役とも
言えるメキシコ特有の自然石カンテラでできています。グレーのカンテラと
白い漆喰というシンプルな色の組み合わせ、さらに全体的にもシンプルな
シンメトリーの連続、アーチの上に続くカンテラのレリーフとバルコニーの
アイアンという遠慮気味な装飾が、古い建物にもかかわらず清清しい感じが
します。

zacatlan05.jpg

メキシコだけではなく他のラ米の国にも見られる組み合わせだと思いますが、
市庁舎前の中央広場には、必ずこのような噴水と野外の音楽堂があります。
もちろんサカトランにもこのようにカンテラで作られた噴水がありました。
水受け部分が大きい割には中央の噴水部分が小さく、メキシコで多く見られる
典型的な様式ではありません。どのように水が噴き出すか興味があったのですが、
残念ながら見られませんでした。

zacatlan04.jpg

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる