ミゼット?

今回オアハカまで出掛けたので、せっかくだからとミトラの遺跡を見学する
ことになりました。ミトラの町に到着してまず目に付いたのがこのタクシー。
タクシー乗り場には、この小さな車が連なって停まっていました。
メキシコで時を越えてあのミゼット(?)に出会えるとは、と思わず写真を撮って
しまいました。車体には"BAJAJ"とありました。聞くと、インドの車だという。
そう言えば、数年前インドに行ったときに街中走っていた車のような気もする。
メキシコでインドの車を見るのは初めてだったので、つい繁々と見てしまいました。



運転席を見ると、さらに初期のミゼット仕様なので驚きました。
車というより三輪のバイクなのでしょうか?



ついでに後姿も。
実際に乗らなかったので、残念ながら乗り心地は分かりません。
メキシコでは、日本よりもまだ車がステータスシンボルのひとつとして機能している
ので、少し時間が掛かるかも知れませんが、どちらにしろ中国やインドのメーカーが
作る低価格車が増えていく時代が来るような気がします。

comment

⇒   byotto (URL)  at2009-11-21 23:48 X

おお~、3輪車だ。 かっこいいですねぇ、安いんでしょうかね?

メキシコ庶民の僕は、ごちゃごちゃいらない装備が満載の、高い車はいらないんです。
安くて動けばいいです。 だけど壊れない、メンテや修理がサルでもできる、部品が安くどこでも見つかる、燃費もそこそこ良い。 
エンジンにキャブレターが乗ってて、クラッチがぶら下がってるだけみたいな車でいいんですけどね。
恥を忍んで、パクリでもいいから、日産さん、そんな車、メキシコで作ってくれませんかねぇ。 DFのスモッグも、これで解決? 

⇒   byカイマン (URL)  at2009-11-22 07:00 X

ミゼット、懐かしいですねぇ、大村昆ちゃんのコマーシャル。
私の町でも何台か見かけましたけど、セントロのごみごみしたところのコカコーラなんかの宅配みたいでした。
日本でも、荷物専用でしたよね。
亀さんのブログによると、メキシコには人力三輪タクシーもあるをうです。
http://blog.goo.ne.jp/kamegomatamago/s/%A5%BF%A5%AF%A5%B7%A1%BC
メキシコの小型経済車は欧米のブランドをつけていても、ブラジル製が多いそうです。
お金持ちのステータス指向は続くんでしょうけど、日本じゃステータスに入らないスペイン、イタリー、フランス製もありがたがってる人が居ます。
中国やインドの安い車が入ってくるのは確かでしょうけど、人も車も運べる中古トラックの低所得ユーザーがどこへ行くのか見ものです。
でも、私が生きてる間には大きな変化は見られないでしょうけど。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2009-11-22 08:36 X

> ottoさん

値段は聞かなかったですが、きっと安いと思いますよ。もう殆ど省くところないような車ですから。
ドアは無いし、バンバーも殆ど飾りみたいですし、もっともスピードも出ないでしょうから、問題ないのかも知れません。でも、しっかりコンバーティブルでオープンカーにもなりますよ。

このインドのメーカー、ルノーと提携しているようなので、きっと日産さんとも関係あるんじゃないでしょうか。そのうち、これ以上シンプルにできないくらいな車ができるかも知れませんね。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2009-11-22 09:03 X

> カイマンさん

トントンとんまの天ー狗さん、.....記憶の彼方です。
ブラジルでは何十年も前からフィアットやワーゲンの小型車が多かったですね。ブラジルから輸入されているのですか、メキシコでも作ればいいと思いますが、ラインが増えると経済性が落ちるのでしょうか?海外を経験すると分かるのですが、確かに日本ではヨーロッパの大衆車をちょっと勘違いして乗っている人がいるような感じはします。

人も車も運べると言えば、日本では軽のワンボックスとかトラックが活躍してますよ。燃費も良いし、税金も安いので、同業者でも使ってる人多いです。どうして海外で日本の軽自動車を販売しないんでしょうか?ちょっとスタイリングが良くないからでしょうか?

⇒ 追加ですみません  byカイマン (URL)  at2009-11-22 12:51 X

私見ですけど、メキシコの大衆が買える車は30万円ぐらいまででしょう。
いくら軽四輪といっても、これじゃ無理なんじゃないでしょうか。
おまけに、夫婦と子供4人、おじいちゃんにおばあちゃん、時には甥やら姪やらまで運ぼうとすれば、軽じゃ無理ですよね。
更に言えば、中古車に不可欠な修理用補用部品ですけど、30年前のモデルのものだって、時間はかかるけど安く手に入ります。
日本のメーカーはモデルチェンジすると、部品まで変えてしまいますけど、米系では何代も同じものを使い、しかもトラックも乗用車も同じものを使ったりします。
だから、米系の車の部品は手に入りやすいし、イミテーションも商売になります。
新規参入モデルとなるとそうは行かないとおもいます。
油を売ってしまいました、すみません。

⇒ Re: 追加ですみません  byTequilaMasa (URL)  at2009-11-22 18:25 X

> カイマンさん

いえいえ、貴重なコメント有難うございます。
そうですね、軽四でも新車なら30万は無理です。確かに、そんなに大所帯も無理ですし。ただ一度、古いビートルから10人くらい出てきたのを目撃したことはありますが。それには、メキシコ人もびっくりでした。

もう何年も前の話ですが、アメリカに住む友人が、日本では新車と中古車の市場しかないけど、アメリカにはさらにジャンクという市場があるから、10万キロ走った車なんてのはアメリカでは現役のバリバリだよって言ってたのを思い出しました。当方にも覚えがあります。メキシコに住んでいたとき、洗濯機が故障したのですが、あと何年住むか分からないし修理できないかなと思って部品を探したら、全然問題なく見つかりましたし簡単に修理もできました。当時の日本は、故障すると直ぐ買い替えって風潮でしたから、それについてはメキシコに軍配を上げました。

⇒ インド製の車  byJack (URL)  at2009-11-25 16:39 X

インドのナノ社から10万ルピー(約19万円)で4人乗りの
車がでていますね。

⇒ Re: インド製の車  byTequilaMasa (URL)  at2009-11-27 00:18 X

当然これで利益が上がるように設定されてるんですね?
安全性とか犠牲になってる部分も多いでしょうね。
構造もシンプルでしょうし、価格以外のことが全く気にならない人達には待望の車かも!!
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる