トゥリパンの滝 - Cascada de Tulipan -

前回の記事でご紹介したレストランで早めの昼食を取って、滝を訪ねるために
車で行ける所まで行って、後は落下地点の近くまで続く遊歩道を歩きました。
滝がまだ見えない地点でも土の路面は濡れていて、沢からの風にあおられて霧状
になった水がさわやかな感じで肌に当たっていました。周りを見渡すと、
こちら側も対岸の斜面も樹木にウスネオイデス-Tillandsia usneoides"が綺麗に
育っていて気持ちよさそうに揺らいでいます。



別名スパニッシュモスとも呼ばれるこの植物は、メキシコでは乾燥させて
クリスマスツリーの下に敷いてキリスト生誕のシーンを人形で表現したりしています。
アップにするとこんな感じです。



そんな林の中を進むと凄まじい音と共に滝が姿を現しました。
想像していたよりも大きな滝で、この土地で生まれ育ったぺぺも初めて
訪れたとのこと。彼の方が、僕よりずっと興奮していたような様子でした。



渓谷の上の方の斜面では、ウスネオイデスと同じ仲間でやはりパイナップル科の
インペリアリス-Tillandsia Imperialis-が開花中でした。真っ赤な花序が伸びて
本当に情熱的な植物です。蘭やティランジアの愛好家にとっては、コスタリカや
ギアナ高原の雲霧林と並んで垂涎の環境だと思います。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる