高野山の格子

海外に行くと言えば、仕事絡みなのでメキシコかアメリカなんですが、
2週間なり3週間なりを海外で過ごして帰国すると、無視する程度のものだとは言え、
少しはメキシコ的・アメリカ的感覚になってしまっているのも否定できません。
それをスイッチするということだけではないのですが、ちょうど紅葉のシーズンでも
あったので、11月の下旬に高野山へお参りに行ってきました。
メキシコの面格子を記事にしたばかりですが、日本の格子を掲載して比較するのも面白い
のではと思い、金剛峯寺で撮影したいくつかの格子の写真をご紹介することにしました。
伝統的な木製の和格子は、繊細でそつがなく静かな空間を作るのには、やはりこういう
デザインが適しているのだろうと思います。ただ、鉄にしても木にしても、まず本物の
素材を使うということが一番大切なことですね。

こうやって実際に写真を並べてみると、洋風の格子との異質さを実感します。
この感覚の違いは、やはり背景としての宗教が大きく影響しているのではないかと
想像します。一番上の格子はウィリアム・モリスのデザインに見えなくもないですが。



障子越しのほの明かりで落ち着いた雰囲気を出していますが、今では障子がある
一般家屋も少なくなったのではないかと思います。



このような面格子も少なくなりましたが、せっかくなので今後も和風の面格子が
あれば撮影して紹介したいきたいと思います。比較すれば、洋風も和風も良いところ
を際立たせることができるでしょう。

comment

⇒ 奥深い  byJack (URL)  at2009-12-10 15:44 X

高野山は今年の夏にバイクツーリングで行きました。
但し、バイクツーの場合は、どうしても走ることがメインになりますので
1箇所に長く留まって鑑賞する時間に欠けています。
これからは時間に余裕を持たせて学習にも時間を割くようにしたいです。

⇒ Re: 奥深い  byTequilaMasa (URL)  at2009-12-10 19:12 X

> Jackさん
よく聞く話なんですが、海外に住んだりすると母国のことにより興味が湧くってことがあります。それは、僕の場合、自分自身からの欲求であったり、友人や知人から日本のことを聞かれたときに、あまりにも日本のことを知らない自分が恥ずかしかったりという理由からです。
ということで、旅行に出ることがあれば、その地の美術館や神社仏閣などを訪ねています。
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる