分からない

我々の身の回りで最も多く存在するするというか馴染みがある金属は、
多分"鉄"ではないかと思うのですが、大方はコンクリートの中に埋まっていたり、
塗装で見えなくなってしまっているために、むしろ金や銀の方が身近に感じられる
かも知れません。ビールやソフトドリンクを沢山飲む人にとってはアルミの方が
きっと馴染みのある金属なのでしょう。
日本では内装にあまり"鉄"を用いることはありませんが、海外では椅子を含む
テーブルセットそれにベッドなどにも鉄がよく使われています。
この写真は、メキシコのプエブラ市内にあったインテリアショップで撮ったもの
ですが、アイアン製の天蓋付きベッドが陳列されいたスペースの天井部分に施されて
いたアイアン製の造作です。後付けのスポットライトが無粋な印象を与えますが、
何の用途に取り付けられたか見当が付かないアイアンの造作に、何故か好印象を
覚えました。
しかし一体全体何のために取り付けられたものでしょうか?
単なる装飾?カーテンか布製のパーティションを下げるため?
不思議ですが、個人的にこれは有りかなと思わせるアイデアでした。

comment

⇒   byキリグア (URL)  at2010-01-24 04:47 X

鉄の魅力って不思議ですね。実は、次回、日本に帰ったら実家から南部鉄瓶を持ってこようと思っています。ほんとうは湯釜を持ってきて庭におきたいところですが、それは無理なので、急須です。

写真の装飾?、素敵です。またしてもアイデアいただきました(笑)。これならキリグアの鉄職人に安く作らせることができます。

写真の下のところにちょっと見えてるのが天蓋の頂上ですか?アンティグアにPosada de Angelというホテルがあって、ここはクリントンが泊まったホテルなのですが、ここのホテルのベッドが鉄パイプ、そして天蓋が付いています。今度、アンティグアに行ったら写真を撮ってきますね。

それからグアテマラシティに鉄道博物館というとってもショボイ博物館があるのですが、ここには、サカパというところにあったホテルの1室がそのまま再現されていて、そのベッドが鉄パイプ。ここは撮影禁止なのですが、今度行ったらこっそり撮ってきます。この博物館、私的に超お勧めなんですけど、だれも行きません。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-01-25 00:36 X

>キリグアさん
もう何年間もうちでは朝も夜もコーヒーだったのですが、1年くらい前から夜は緑茶を中心に生姜湯とかハーブティーとかコーヒーばかりじゃなく違う飲み物を飲む習慣に変えたんです。で、奥にしまってあった南部鉄の急須を使うようになりました。少し錆びていたのですが、南部鉄のことを書いたサイトをチェックしたら、錆も全く問題なく使えると書かれてましたので安心して使っています。貧血にも良さそうですし。欧米でも大変な人気のようです。

このアイアン、用途が分からないのですが、何にでも使えそうな感じがします。ランプとか吊っても良さそうですし。ベットの天蓋ですが、ご推察どおり下に少し見えているのが上の部分です。偶然、写真に入っていました。

"またしても"って、僕の方もどんなふうにアビタシオンがアレンジされていくのが楽しみです。もちろん、アンティーグァやシティのアイアンも楽しみにしています。

⇒ アイアン  byJack (URL)  at2010-01-25 13:28 X

もしも、アイアンから想像する物を一般的なサラリーマンにアンケートを取ったら。
多分1位はゴルフクラブでしょうね。

でも、ライダーにアンケートを取ったら、多分100%に近い数字で
”アイアンホース”→バイクって答えるでしょうね。

特にハーレーダビッドソンは、時代に逆行して、フェンダーその他の部品を
未だに”鉄”で作って、軽量化などは全く考えていないですね。
因みに私のバイクは、乾燥重量で350kgなのでガソリンを満タンにして
荷物を満載にして私が乗ったら、500kg近くになるので、誰も居ない山の中で
転倒したらと思うとぞっとします。


⇒ Re: アイアン  byTequilaMasa (URL)  at2010-01-25 19:13 X

>Jackさん
"アイアンホース"=バイクなんですね。シッティングブルとかって酋長もいましたし、知らないとネイティブアメリカンの酋長の名前と勘違いしそうです。

バイクのことは全く分からないですが、"鉄"を使っているということは、ハンドメイドの部品を多く使っているということでしょうか?例えば、そのフェンダー部分は、油圧プレスで作ったものではなくて板金で成形しているとか。鉄の質感は、用途が何であれ良いですね。
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる