垂水漁港の競り(せり)

今日は、メキシコとは関係なく地元神戸のお話です。
前に神戸・須磨海岸のビーチコーミングのことを記事にしたことがありましたが、
月に一度、同じ仲間と神戸市西部にある垂水漁港の競りを見学して、どのような
魚種が漁獲されているかを調べています。今月は日程の調整が付いたので久し振り
に参加してきました。息抜きにこういう写真もご覧いただければ幸いです。
冬期は水温が低く漁獲も少ない時期なので、神戸西部から明石に掛けての漁師さん
達の多くは、もっぱら海苔の養殖に励んでいます。もちろん魚を獲る漁師さん達も
頑張って内海とは言え、冬の海に出漁されています。

さて、いよいよ主役の魚達です。明石海峡と言えばこの時期でもやっぱり明石鯛と
明石タコですね。競り台に乗せるためにカゴに納まっていますが、直前まで生簀で
およいでいたものです。

明石海峡の真鯛(マダイ)は、なんとも言えない綺麗な色をしています。味も絶品。


明石海峡のマダコは、海峡に多いエビやカニなどの甲殻類を沢山食べているので、
きっと美味しいのだと思います。


この時期の魚と言えばメバル、一年で最も水温が低くなる3月がメバルの旬の時期
と言われています。メバルは"春告魚"とも呼ばれていて、メバルの旬を迎えると
春が近いことを実感します。


このスズキは、90cmはあったと思います。よく肥えてピチピチと跳ねていました。
夏が旬の魚ですが、実は一年中獲れる魚で、春になると動きがされに活発になって
きます。


魚の他にも、このようにタイラギ、アカガイ、アカニシなどの貝類も漁獲されて
いました。タリラギは、近くの魚屋さんでも昼網で店頭に並ぶことがあるので、
タイミングが良いとこの大好物も手に入ります。


他には、オニオコゼ、コノシロ、アイナメ、ヒラメ、マガレイ、メイタガレイ、
コモンフグ、ウマズラハギ、ホウボウ、クロウシノシタ、キチヌ、マアジ、マサバ、
キス、イイダコ、サルエビが競りに掛けられていました。

comment

⇒   byotto (URL)  at2010-02-21 01:44 X

やっぱりこうしてみると日本のお魚には親しみがもてます。 姿も顔つきも和風で優しいです。 こっちのは姿も味もいかつくていけません???。
タイラギ、いるんですねぇ。 こちらでは乱獲前には、何十メートルも海底がタイラギのクチで埋め尽くされていたそうです。 金になるってんで、潜水して競って取りまくってやがていなくなってしまいました。 ほんの3年前の話です。 垂水の海にも、まだそんなところがあるのかもしれないですね。
雑多な小魚がいっぱいの魚市場は楽しいですね。 子供の頃、釣りに行った帰りに明石の昼網を覗いて、捨てられてる小魚をもらって(失敬して)かえったものです。 子供の手のひらより小さいメイタガレイとか、エンピツアナゴとか。  
うう、メバルの薄味の煮付けが食べた~い!...と星空に絶叫ですな。 あれは春の頃だったんでしょう、大皿に小ぶりのメバルがごっそりと煮付けになってて、何匹も食べたのを思い出します。 骨やヒレまでしゃぶって。 40年以上も前のことですな...。 
ところで写真のメバルはシロメバルですかァ~?    

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-02-21 22:41 X

>ottoさん
子供時代のことを思い出していただけただけでも価値がありました。
メキシコは、漁期や漁域を厳しく管理していると思ったのですが、そうではないのですね。競りでは、雑魚などの小さい魚は全く見かけないです。小さい網の目のサイズなども管理されているのだと思います。最近は、釣り人も小さい魚や抱卵した魚をリリースする人が多いです。せめて自分で自分の首を締めないような、ちょっとした気遣いですね。
ところで、まだ周知されてないと思いますが、最近になって個体変化だと思われていたメバルが、3種に分けられたのをご存知ですか?写真のメバルは、外観からの判断ではクロメバルのように見えますが、実際には胸鰭の軟条数を調べたりDNAをチェックする必要があります。一応競りに出されている商品ですので、残念ながら触ったりして、いじくりまわすわけにも行きませんでした。でも、とにかく美味しそうでしょう!

⇒   byキリグア (URL)  at2010-02-22 04:08 X

おいしそうですね!グアテマラでも太平洋側でイカ、さわら、マグロ、アジ、、、、などとれますが、まあそこそこにおいしいかな?って感じです。私の父の生まれは広島、尾道なのであのあたりの魚を食べなれてしまうともう、だめですね。
日本が恋しい!

神戸情報もおもしろそうですね!私は神戸はまったく知りませんが、おいしいものや素敵なお店情報なんかも載せていただきたいです。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-02-22 22:42 X

>キリグアさん
グァテマラでもメキシコと同じようにエビや魚をセビチェとかフリットとして食べられるのでしょうか?何年も前のこととは言え、2泊か3泊したにもかかわらず残念ながらグァテマラでの食事のことを殆ど覚えていません。お昼にひとり中華料理を食べたことだけは何とか覚えています。

メキシコへ赴任する前の数年、配属された部署では出張が多く尾道にも出掛けました。魚屋さんの店頭では、ピチピチと魚が跳ねていました。その魚を見てしまって、客先へ訪ねる前から早く宿に戻って居酒屋へ行きたいな~と同行した先輩と話をしたのを覚えています。

神戸の何かを紹介したいとは考えているのですが、その"何"がなかなか決められません。神戸については、インターネット上でいろいろと紹介しているサイトも多いので、このブログと少しは関係のあるクラフトやアートならどうだろうかと考えています。おいしいものや素敵なお店情報ならフローレスさんの方が適任なので、そちらはお任せしたいと思います。

⇒ ニアミス  byJack (URL)  at2010-02-23 14:00 X

あららら、ニアミスでしたね。
私もその日は漁港の東隣の年金会館でガイドヘルパーの
講習を受けていて、海神社や商店街を車椅子でうろうろ
していました。

⇒ Re: ニアミス  byTequilaMasa (URL)  at2010-02-23 23:08 X

> Jackさん
ほんと、ニアミスだったですね。ちょうど、コメントしようと思っていたところでした。
ただ、同級生と街ですれ違っていても、お互い分からないというニアミスもきっとあるでしょうね。同窓会のときは、会っても誰か分からない人がいましたが。(笑)
自分もそう思われていた可能性があるということは付け加えておきます。
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる