ポットと面格子

テラコッタのポットとアイアンの面格子というのは、驚くほど突飛な組み合わせでは
ありませんし、むしろよくあるデザインと言う方が適当かも知れません。ただ、石造
りの建物にアイアンの面格子だと本当に無機的で寒々しい感じがするので、土の温も
りがあるテラコッタと花という有機的なものがあると、ここにも人が居ますよってい
う感じが伝わってくるようです。
もともとの外壁は全面が石貼りだったと思いますが、古い建物なので、同じ材質の
石材が入手できなかったとかいう理由で、同じ継ぎ接ぎになってしまうなら簡単な
漆喰で済ましてしまえ、と云うことになったのではないかと推測します。現実的に
考えると、単に予算が無かっただけのことかも知れませんが、とにかくそれなりに
外観としての面白さは出ているので、OKかなという感じです。

このブログでも度々登場しているのが、窓辺のこの赤いゼレニウムでメキシコでは
定番中の定番なのですが、日本では年々園芸種が増えて、ついに青いバラも作出さ
れたというのが話題にもなりました。
国はどうしようもないほどに借金を抱えているし、どの分野の企業もこの青いバラ
のように新しいものを作り続けないと市場で生き残れないという厳しい課題を抱え
ている日本ですが、資源の無い国の悲しさでしょうか、いつまでも自転車操業をし
ていくしか仕方ないのでしょうか。
あと数十年もすれば石油も枯渇するという話ですし、そうなれば今資源のある国も
無い国も立場は同じじゃないかとは思うのですが。

話は大きく横道に逸れてしまいましたが、とにかく10年経っても、20年経って
も、昔と同じ風景がメキシコにはあるような気がします。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる