坂道の水場

ここで何度も登場しているサンミゲル・デ・アジェンデの街ですが、街の中心部は
カテドラルを基点に、この写真のような坂の小道の交差で構成されています。
週末や休暇期間には、外国人や近隣からの観光客で賑わいますが、平日の昼下がり
などは人通りも適度で犬と散歩中の人達とすれ違う程度です。そんな日は、日がな
カメラ片手に石畳の通りを歩きます。少し歩き疲れたらカフェテリアでカプチーノを
飲みながら休んだり、吹きガラスの工房を訪ねたり、ギャラリーを訪ねたりしながら
家々の造作なども見て歩きします。



上のような通りの途中や交差点の角に下の写真のようなタイルや自然石の切片で
モザイクを施された水場がありました。他の水場では、石造りの彫刻のなかに
あるノズルから水が出ているところもありました。



造りがシンプルなので装飾の要素はあまりなく実用的に使っているのだと思います。
年間を通して日中は乾燥して暑い地域ですから、多分この水を打ち水ととして使うの
ではと想像しています。また次に訪れたときにでも、用途を訊くことにします。
水槽の中にまでタイルが貼られていますので、暑いときには行水したいような気持ち
にもなりますが、何せ通りに面したところにありますので、それは勇気ある人だけの
用途(?)でしょう。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる