タウンハウス

メキシコに住んでいた80年代頃からメキシコの都市部では、タウンハウスのような
集合住宅が目立ってきたように思います。
この写真は、グアダラハラ市-Guadalajara-と一体化してしまって今では両市の境が
分からなくなってしまったサポーパン市-Zapopan-にあったタウンハウスですが、
友人の自宅の側でしたので、スーパーへ買い物へ出掛けたついでに撮ったものです。
普通は安全のためゲートの中に全ての住宅が納まっているようなタイプが多いのです
が、ここは表通りに面している家が数件ありました。
上の写真の右側に見えるゲートが、下の写真になります。



おおよそ10戸程度、多いところでも20戸程度です。
間取りは3ベッドルーム、バスルーム2つが標準的です。
戸建の家では、ガレージが見えないような扉が普通なのですが、このような住宅
では、透かしタイプのアイアン製の面格子が多く見られます。
住人は、会社勤めの中間管理職クラスといった階層の人達だと思います。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる