本土上陸

ここに写っている植木鉢は、タイ製だったかベトナム製だったか、とにかくアジアで
作られた製品です。で、撮影した場所は、日本の園芸店ではなく、グアダラハラにある
ホームセンターです。前に"アジア勢に押されて"という記事を書きましたが、それは
アジアの製品に押されてメキシコの民芸品や工芸品の輸出が激減したということだった
のですが、輸出が減るだけではなく、民芸品のお膝元と言ってもいいグアダラハラの
ホームセンターでアジアの製品が山のように積まれて売られています。一時は、中国製
だけだったアジアの製品もタイやベトナムなど東南アジアの国々からもメキシコ本土へ
上陸を果たしています。個人的にはメキシコ製の方がずっと感じが良い仕上がり
なんですが、価格はメキシコ製より安いし、デザインなどもメキシコ人好みなのかも
知れません。
メキシコのことを心配するより日本のことを心配したらと言われそうですが、日本の
立法も行政も既にやる気をなくしているんじゃないかと考えたりすることがあります。
政治家たちは何かをやろうとしてもいろいろな立場の国民から厳しい審判を受けるし、
中銀は円高を修正できないし、官僚たちはもう自分達のことだけしか考えなくなって
いるし、こうなるとこのままダラダラとデフォルトを宣言し国債を紙くずに、そして
円を暴落させるシナリオの方が簡単だと思い始めているんじゃないかと思ったりして
しまいます。そうならないように国民自身が賢くならないといけないんだろうなと
思う今日この頃です。


comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる