暗い通りに浮かんでいたドア

ここはメキシコシティーのコヨアカン地区、暗い通りを歩いていると、
ほの明るく内部が見える小さな格子のドアが浮かんでいました。
最初は、天井のアイアン製のランプが目に付いて興味を持ったのですが、
よく見ると奥に小さなパティオが見える長い長い廊下が続いていました。
ホテルにしてはドアが小さすぎるし、民家にしては内部が見えすぎます。
結局、何の施設か分からぬままです。
キリグアさんの食堂には、こんな感じのドアはいかがでしょうか?
少しでもヒントになればいいのですが。アイアン同好会メンバーより。


comment

⇒   byカイマン (URL)  at2010-08-11 11:37 X

もしかして、尼さんたちの寄宿舎とか、、、、、。
だとすると、ちょっとヤバイですね。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-08-11 16:30 X

> カイマンさん
確かに!
この通りを隔てた反対側にカテドラルがありましたので、
尼さんたちの寄宿舎だったかもです。
"ヤバイ"と言うのは、"イケル"っていう意味ですか?
"ヤバイ"という言葉、今日本では、かつての世代が使っていた
意味とほぼ反対の意味で使われることが多いので、
カイマンさんの場合、どちらなんだろうと思ったんです。

⇒ そりゃヤバイわ  byOTTO (URL)  at2010-08-12 05:05 X

尼さんの宿舎に潜入、撮影中の日本人逮捕、素敵な鉄のドアを撮ってただけだと見え透いた言い訳...、なんてなんないように、お二人とも気をつけましょう。

⇒ Re: そりゃヤバイわ  byTequilaMasa (URL)  at2010-08-12 10:35 X

> OTTOさん
やっぱり、そういう意味で"ヤバイ"ということですか。
まったく何も気に掛けずあちこちで写真を撮ってますが、
確かにそんなことが無いとはいえませんね、メキシコでは。
そんな場合は、みんなが知ってる奥の手しかないでしょうか?

⇒   byキリグア (URL)  at2010-08-12 12:17 X

めっちゃ、ヤバイですね(笑)
私はこういうのを見ると、涙が出てきそうになります。
鉄格子の奥に明るい光が見えて、これが白熱灯だともう超やばいです(爆)
アイアン製のランプも気になりますね。
そうそう、こんな感じのドアにしたいんです!これからもヒントになる写真、アップしてください!

アイアン同好会 会員番号182番キリグア

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-08-12 19:41 X

> キリグアさん
この"ヤバイ"は、今時の日本の若者達が使う"ヤバイ"ですね。キリグアさん、ならではです!
食堂のドアの話をお聞きしてたので、キリグアさんの琴線に触れるのを期待しつつのアップ。
白熱灯ですか...、こちらではLED電球の需要が高まって部品の確保が困難になってるというニュースもありました。LEDの灯りもなかなか幻想的ですよ。

⇒   byキリグア (URL)  at2010-08-13 00:11 X

あ、でも私、若者じゃないんです。Contigoさんが私よりちょっとお兄さんです。
学生時代、もしかしたら下北あたりですれ違っていたかも、です。
食堂のドア、来年まで待てないかもしれません(笑)。ちょっとアンティークな模様入りの黄色い曇りガラスを入れてみようかと思ってます。楽しみ。。。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-08-13 20:07 X

> キリグアさん
いやいや十分若いです!
残念ながら、なぜか下北には縁がなかったです。
大学時代の後半は松屋でバイトをしていましたので、銀座線、日比谷線、丸ノ内線の沿線には出掛けていました。最終は西武池袋線でしたので、下北は通過しないんです。
食堂のドアは、年内には見られますね!黄色っていうのは、琥珀色のような黄色になるのでしょうか?
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる