ピラミッドの面影 -La imagen de la Piramide -

ここはメキシコシティのダウンタウン、セントロ・イストリコ-Centro Histrico-
いわゆる歴史地区と呼ばれている界隈、人の波が途切れることのない場所でもあります。
観光客や買い物客が入り乱れる雑踏のなかで風変わりな外壁のバー -Bar- を見つけました。
メキシコのピラミッドは、エジプトのピラミッドのように直方体の石を積み上げて作られた
ものではなく、この外壁のように大きな石と石の間に小さい石を詰めて消石灰の混ぜもの
つまり漆喰とかモルタルのようなものを塗りこめて目地をし全体を固定しています。
そして向こうに見える窓には、溶接による接合ではなく桟-さん-に貫通口を施して、
ハンマリング加工された鉄の延べ棒を通した格子が見えます。
プレイスパニック時代の石積みよる外壁とコロニアル時代の手法で制作された
アイアンの面格子という組み合わせが、まさにメキシコを象徴するようなスタイルでは
ないかと思います。



comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる