ロマンスのすすめ- その4 - Bicentenario de Independencia

9月16日、この日が誕生日のメキシコ人の友人へバースデイメールを送ったのですが、
今年のこの日はメキシコの独立200年を祝う日でもあったので、そのことも併せて祝い
の言葉にしました。直ぐに返信があって、"メキシコの国情はいろんな意味で大変だけど
メキシコ人としてこの日を祝わないわけにはいかないだろう"って書いてありました。
二百周年は、bicentenario-ビセンテナリオ-って言いますが、centenarioの部分は、
前回のロマンスのすすめ-その3-でご紹介したように頭の"cen"が"百"、センチュリーにも
繋がる"cen"ということなのですが、そうすると頭の"bi"は数字の"2"を表すってことに
なります。
"2"という意味の"bi"が付いた言葉はいろいろとありますが、メキシコにいたときに
交渉やミーティングで役に立った言葉としてbilateral-ビラテラル-という言葉があります。
"双方向"っていう意味なんですが、unilateral-ウニラテラル-"一方的"という言葉と対の
ようにして使っていました。"一方的な関係じゃなく、共存を追及して双方向の関係を築
きましょう!"ってな使い方をしていたのですが、なかなか便利な言葉です。
フランス国旗は、tricolor-トリコロール-、ようするに3色なので三色旗と呼ばれますが、
それが-bicolor-ビコロールだと2色になるわけです。ということで、頭に"bi"が付いた
スペイン語に出会ったら"2"の意味なのかどうか少し気を付けて見てください。
ついでに、スペイン語で、123は、それぞれuno, dos, tresなんですが、unilateralの
"uni"は"uno"で、"唯一の"というのは"unico"-ウニコ-という言葉になります。英語の、
"unique"-ユニーク-は、ここから来ていると思うのですが、日本でユニークと言えば、
"大阪でユニークな催しがありました。"というふうに何か"面白い、滑稽な"催しがあった
というふうにも受け取られがちですが、"uni"が意味するように"唯一どこにもない"って
いう意味合いの方が強いのだというのが分かると思います。
なんか今日もまたスペイン語のお勉強のようになってしまいましたが、とにもかくにも
メキシコ合衆国独立200周年を祝って、!! Viva Mexico !!
独立の父、イダルゴ神父に再登場していただきました。

comment

⇒ ウニセクソ  byカイマン (URL)  at2010-09-17 10:14 X

町中で一番目につくウニセクソは美容院ですけど、メディアでは同性婚で、先進国に遅れてはならじと使ってるような気もします。
追伸
送信しようとしたら、禁止キーワードが含まれてますって言われました。ウニセクソをアルファベットで書くといけないんですね。

⇒ Re: ウニセクソ  byTequilaMasa (URL)  at2010-09-17 23:31 X

> カイマンさん
メキシコで同姓婚が話題になっているのですか?
カトリックの国でちょっと不思議な気がしますね。信心深い人もきっと少なくなったのでしょう。
ところで、禁止ワードですが、何度か変なコメントが入ったことがありましたので、いくつかの禁止ワードを登録しています。今回も中点の無いS・E・Xに反応したのだと思います。

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる