悩ましきジャッジ -判断-...メキシコではセニョ

さて、皆さんが、初めて"オジさん"・"オバさん"と呼ばれてしまったのは
いつだったでしょうか?

曖昧な記憶をたどると、大学のときに実家が新宿にあった学友のところで
毎年恒例の神輿をかつぎに行ったときだったと思うのですが、小さな子供から
"オジさん"と呼びとめられ、少しショックで、内心こころ穏やかじゃなかった
自分がいたことがありました。
"まだオヤジじゃないぞ"って腹が立ったのではなく、歳というのは取るもの
とも言えるけど、下から押し上げられるものでもあるのかなぁとつくづく
世代というものを感じた瞬間でした。

これほどまでにビミョーな表現なので、アルバイトをしていたデパートでは
売り場の女性に"オバさん"などという言葉は、もうご法度中のご法度でした。
それが、このようなことはメキシコでも全く同じで、デパートで買い物をして
いるとき、レストランで食事をしているときなど、いろいろな場面で相対する
店員の女性にどのように呼び掛けていいか迷うことがよくありました。
セニョーラ-S醇oora-と呼び掛ければいいのか、セニョリータ- S醇oorita-と呼び
掛ければいいかという判断です。大抵の場合は、セニョリータでOKなのです
が、どう見てもセニョリータでは無理があるなぁという場合があって、躊躇し
てしまうことがあります。これは、あくまでも主観で判断しているだけなので、
セニョーラと呼んでしまって、"オバさん"じゃないワッ、って思われても失礼
だし、本当に悩ましいわけです。

こんなとき、ある程度年配のメキシコの男は、なかなか便利な言葉を発します。
それは、セニョ...-Se醇oo...-、と語尾をフェードアウトさせてしまうのです。
セニョーラでもなく、セニョリータでもない"セニョ"です。
微妙に及び腰というか気遣いなんですが、生活の知恵とも言えるでしょう。

このグアダラハラの街角で撮ったスナップの男子、アンケートなのか勧誘なのか
分かりませんが、最近のメキシコの男子もきっとそのあたりの気遣いはうまく
こなしているのでしょう。


※ご注意!!
文中多くの方のモニターに文字化けしている箇所があると思いますが、
そこにはスペイン語のエニェ"n"の上に"~"(クニャクニャ)があるものを入力
してしまったからです。
当方のキーボードは、スペイン語対応にもしているため、"?"が逆さまのもの
なども打つことができるようになっています。

comment

⇒   byOTTO (URL)  at2010-11-20 13:23 X

セニョールならまだしも最近は、DON OTTOですよ。 DONなんて言うと、太鼓腹の因業爺さんのイメージです。 嗚呼、もう僕の人生、お終いですな。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2010-11-20 20:13 X

> OTTOさん
いやぁ~、近頃...(数年前から?)、当方にも"Don Masa"と言う人がいて、これって"オヤジ"って言われるよりある意味ショックですよね。
実は、このテーマで記事をひとつ書くつもりだったんです。近々書きます。
悲観せず、二人で励ましながら生きていきましょう!

⇒ いえいえ  byカイマン (URL)  at2010-11-21 00:21 X

いえいえご両人、Donは敬称です、私なんかはViejito(ジジイ)ですよ。
セニョーラとセニョリータが年齢に比例するだけなら、まだ良いんですけど、既婚未婚も区別しなきゃならないなんて、地域社会にどっぷり浸かって地獄耳たててないと至難の業です。
国勢調査なんかの人工統計上の分類に、Casada/Soltera(既婚/独身)なんて、日本の通念では矛盾した分類があるんですね。 日本ではシングルマザーなんて敢えてカタカナを使って裏社会からの救済を図ってますけどメキシコじゃ既婚・未婚なんて重要なファクターじゃないんじゃないでしょうか。 って、セニョーラ・セニョリータを間違えるのの言い訳に使ってます。

⇒ Re: いえいえ  byTequilaMasa (URL)  at2010-11-21 22:36 X

> カイマンさん
ご安心ください!Ya mero, mero....!です。
メキシコに行くと、いつそういうふうに言われるかと...。時間の問題だと思いますが。
今もそのままかどうか分かりませんが、社会保険の家族区分のところに"Union Libre"っていうものありましたね。日本で言うと"内縁関係"とでもなるのでしょうか。そういった家族まで社会保険でカバーできるもの、"Casada/Soltra"という立場の人がいるからなんでしょうね。
住んでみないと分からないことが、いろいろとあるものです。
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる