ポットの型(モールド)

メキシコでは、プエブラ市およびその近郊で作られているオリジナルの
タラベラ焼やその他の地域で作られる伝統的な陶器、また小さめの
サイズで釉薬を付けて焼成される工程がある陶器は、概ね
“ろくろ(轆轤)”を使用して成型されています。

コンティーゴのメインアイテムである大型のテラコッタポットは、
まず例外なくこの写真のような型によって成型されています。
この工程の次は型をはずして天日干しをし十分乾燥させてから
先月の記事“テラコッタ ポットの工房”の写真にあるような窯で
焼成されます。
作業場は陶土の乾きを遅くするためなのか、天井が低くて暑いため
職人達はこのような格好で作業をしています。




comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる