FidoNet -ファイドネット-

今ではインターネットという存在が、意識しないレベルまで日常生活に溶け混んで
いるような時代になりましたが、インターネットが一般にはあまり取り沙汰されて
いなかった80年代の後半から90年代にかけてFidoNet-ファイドネット-という
世界的なPCのネットワークがありました。(現在でも存在しています)
かれこれ20年近く前に友人を通じてFidoNetのことを教えてもらい、面白そうだと
NTTの回線にPCを接続し専用ソフトを導入しノード-Node-とよばれる局のひとつに
なりました。バケツリレー式に局から局 -PCからPC- へ情報を伝達して当時の電話回線
を通した通信速度からは想像もできないほど短時間で大容量の通信が可能でした。

インターネットが現在のように使い勝手がよくなって、日本のそのネットワークは
残念ながら自然消滅的に解消されてしまいましたが、東京のFさんやニューヨークの
Nさんとは今でも交友が続いています。
16年前の1月17日は、阪神淡路大震災の日として、神戸市内各所で犠牲者の追悼
式典が行われていますが、当時震災直後のボランティアとして東京からFさんが
来られて、FidoNetやNifty-Serveを通じて本部が置かれた毎日新聞神戸支社から
情報を発信されたり、関係団体情報と被災文化財のデータベースを構築されました。

毎日新聞社の社屋には、僕も何度か出向きましたが、ボランティアの人材自体の
ミスマッチや支援物資のミスマッチ、欲しいところに必要なものが届かず、不要な
ところには余っているというような状況が目に付きました。このような経験から、
災害時にはネットワークを含めたアナログ+デジタルでの情報の共有化が必要だと
痛感した次第です。

写真は、FさんがPCWAVE-ピーシーウェーヴ-という情報誌に投稿されたレポート
の見出し部分です。このレポートのなかで、FidoNetやその仲間のことも紹介され
ています。大阪のIさんや僕の名前も実名で紹介してくださったこともあって、
東京から送ってくださった同誌を当時の思い出として大切に保管しています。

comment

⇒ FidoNet  by藤田秀一 (URL)  at2011-01-26 10:49 X

西さん、ご紹介ありがとうございます。
もう16年経過してしまいました。懐かしい思い出ですが、かなり風化もしてしまいました。
インターネット全盛の今やFidoNetと言っても誰も知らないものとなりましたが、当時我々がグローバルに繋がっているネットに参加していたという経験は今でも貴重なものですね。

⇒ Re: FidoNet  byTequilaMasa (URL)  at2011-01-26 18:55 X

>藤田さん
コメントありがとうございます。
16年経過して、一見風化したかに見えますが、教訓が何らかの形で残っていると思います。
クロスメディアでの情報のマッチンングは、震災直後のああいう状況でかなり有効でしたね。
チュニジアが口火になった中東の政変ですが、FidoNetのシステムは、InterNetほどオープンではないので、独裁下で情報の統制や情報の閲覧がある国では有効なメディアになるような気がします。

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる