海岸の花

ここは、ちょうど源平一の谷の合戦の碑が立っているところの海岸です。
いにしえにはここで、鎧兜に身を包んだ源氏と平家の兵士たちが、古式にのっとって
戦いに臨んだことでしょう。
ただ、手前に見えるのは、兜ではありません。
海苔の漁期を終えた漁師さんたちが、海苔篊-ヒビ-を回収するときに取りこぼした
浮子-ウキ-が漂着して、こんなところまで転がってきたのでしょう。
ハマヒルガオの花を綺麗に撮りたかったのですが、手前の浮子の方に気を取られて
花が開いた方向にレンズを向けていなかったです。



数年前までここには、中央神戸や東神戸の沖に造成されたポートアイランドや
六甲アイランドへ山から土を運び出したベルトコンベアーがあったところです。
もうそれも撤去されて、このような海岸植物が季節を感じさせてくれるように
なりました。
ハマダイコンがこのように咲き乱れています。
無言の花が語ることは、想像以上に人を動かすような気がします。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる