慈悲の山 - Nacional Monte de Piedad -

30年前にメキシコへ来たとき当時のガイドブックに既に紹介されていましたが、
さてこのネーミングから何を想像されるでしょうか?
この頃は、旅のガイドブックを見ることもなくなってしまったので、ここが紹介
されているかどうか知りませんが、実は質屋さんで、それにNacionalが付いている
ので、国立の質屋さんなんです。今年で創設236年と中途半端な数字にもかかわらず
大きな垂れ幕がいくつも建物のなかに吊られていました。
メキシコ市の中心ソカロと呼ばれる広場に面していて、大統領府の真向かいにあります。
質屋さんというとこじんまりした建物を想像されるかも知れませんが、それは立派な
建物で、建物を見るだけでも十分価値がありそうです。
質流れになった品物を展示しているスペースも大きくて宝飾品からアートや家具まで
あってデパートのような感じです。

いつものようにタイルが目に付いたので撮影して、さて次に天井にある大きな
ステンドグラスや太くて大きなメスキテと思われる木の梁などの内部の写真を
撮ろうとしたら警備している警官が近寄ってきて、写真を撮らないよう注意されて
しまいました。
で、こんな写真だけになってしまいましたが、メキシコシティを訪れる機会が
ありましたら、大統領府やカテドラルを訪れるついでに寄ってみてください。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる