定番中の定番

ウアウチナンゴのプティホテルには、小さな入り口からレセプションへ
続く階段あったことを書きましたが、帰りに階段を上がるとき、
オアハカのレストランにあったものと同じような装飾が施されていました。
色のコンビネーションまで同じ、要するに定番の仕事なんでしょう。
100mm角のタイルを使っているので、ステップの高さとしては適当なのかも
知れません。奇抜といえば奇抜な印象ですが、きっと足元に気を配るよう
注意喚起の意味もあると思います。本当によく見掛けるデザインです。

日本でもこんなのどうですか?..とも思うのですが、日本ではちょっと
どうかなと自分自身でも思ってしまうところがあって、このデザインの
タイルさえ扱っていない有様です。
でも工夫によっては、ちょっとコロニアルなアールデコ風のモダンデザイン、
"なんのこっちゃ?"ですが、少し面白いものができそうな気もします。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる