奇跡だぞ!

メキシコでの工房を訪ねる旅が終わって帰国するとき、メキシコシティ
からのときはラウルが、グアダラハラからのときにはマリィが見送りをして
くれます。

数年前のメキシコシティでの出来事ですが、まず搭乗手続きを済ませ
いつものようにシナモンパンのブースでコーヒーを注文し、ラウルと話して
いる最中に、少年がいきなり「これ忘れてましたよ」と僕の財布を差し
出してきました。
どうやら席を変えたときに、座席に置き忘れてしまったようでした。
空港の掃除夫として働いていたその少年は、15歳前後の年頃に
見えました。
「どうも、ありがとう」と丁重に礼を言ったあと、チップでもと思ったら
もうその少年の姿はありませんでした。
ドルとペソの現金それにクレジットカードなどが入った財布の中身は、
全て元のままで何も抜き取られてはいませんでした。
ラウルが、「お前ここは日本じゃなくメヒコだぞ、奇跡だ。」と
信じられないというような顔をして言いました。

一昨年の暮、市内の繁華街で財布を落としてしまいました。
翌日警察から連絡があって、財布は帰ってきたのですが
現金が全て抜き取られていました。幸い、クレジットカードを
抜き取られずに済んだので、カード会社経由で警察に連絡が
入ったようです。昔の日本なら、まず中身も抜き取られずそのまま
戻ってきただろうと思います。事実、メキシコへ赴任した当時、
メキシコ人から日本へ旅行をしたときに、置き忘れた貴重品が
何も被害に会わずに戻ってきたと、日本のことを賞賛していたものです。
ついに日本とメキシコが逆転してしまったようで、財布を無くした
自分も悪いのですが、どちらも情けなく思いました。

この写真は、昨年オープンしたばかりのメキシコシティ空港の
新ターミナルの外にある大きな植木鉢を並べたデコレーションです。
ポットは、FRP製だったと思います。


comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる