日本ではどんなふうに...???

教会や公共の建物では、外壁にテラコッタタイルと陶器タイルを組み合わせて
貼られたものをこれまでにもご紹介しましたが、民家の外壁では初めてだと思います。

テラコッタタイルは床だけに使われるものと、思われている方が多いのではないかと
思いますが、メキシコの人達は、あまりそういう固定観念なくこのように利用されています。
もっとも、このごろは、良いシール剤なども簡単に入手できるようになりましたし、
タイルだけではなくその他の素材もその用途の幅が広がっているようです。

右下隅に見えるコンクリートの部分が幅1m程度の歩道で、右側に少し段差があって
車道になっていますので、この写真を撮っている最中もボクの右側を車が通っている
という典型的なメキシコの街中のパターンになっています。
そんな、ごくごく普通の通りに面した民家にメキシカンタイルを使った素敵な装飾を
発見したのでこのようにカメラに収めておきました。

独特の素朴な風合いに、日本でも少しずつ人気が出てきているようですが、
いったいどんなふうに使われているのだろうか?
と、最近少し気になっています。
"こんなふうに使ってますよ"という情報をいただければ、こちらのブログでも紹介
したいなぁと思っています。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる