目撃

メキシコを旅していて、何回か同じところを訪ねていながら何かこれまでと
少し違うなぁというような違和感を覚えることが少なからずあったりしました。
その話とは全く関係ないことなのですが、単に個人的な興味で現地の職人さん達の
仕事ぶりにふと足を止めて小一時間ながめていることがよくあります。

このふたつの話にはほとんど脈絡がない筈なんですが、石畳を修復するかに見えた
この工事、実は古いゴロタ石を使った石畳を覆って平たく削ったカンテラ(自然石)を
新設している最中でした。
工事が完全に終了していれば、ゴロタ石の敷石は全く見えない状態になっていたところ
でした。こういうことはメキシコにある世界遺産に登録されているようなところでも同じように
行われていて、80年代初頭に2度訪れたときと数年前に訪れたときのチチェンイッツァの
印象が全く違ったのは、こういう工事が行われた箇所があって、以前とは印象が変わって
しまったというようなことがあったのかなぁと考えたりしています。

こういうことはチチェンイッツァやここテポツォトラン-Tepozotlan-だけの話ではなく、
もちろんメキシコだけの話ではなく行われていることなんだろうとは思いますが、
昔の職人さん達の仕事ぶりも見たいという人達にとっては残念なことのような気がします。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる