これもホームシックなのかな?

普通に日本で暮らしているときには極々普通に待ち遠しいくらいのものが、
メキシコに暮らしていたときには無性に恋しくなるものがありました。
そのひとつが夏の花火です。サンマの塩焼きと同じくらい恋しかったという
のは、ちょっと個人的すぎる嗜好の比較で恐縮なのですが、何せメキシコには
爆竹のようなものはあっても、夜空に連続して舞い上がる大輪の花火などに
お目に掛かることはありませんでした。
メキシコに住んで数年経ったときにフロリダのディズニーワールドへ行った際に
お城の上に上がった花火を見て感激したことを今でも覚えています。その花火に
したところで、日本の夏の花火には遠く及ばない規模ではあったのですが。
帰国したばかりの夏、手賀沼の花火を見るためにした場所取りさえ楽しい
思い出になっています。

今はもう帰国して何年も経ちますので、どんなものがあったのか直ぐに思い
浮かばないのですが、日本に居ればいつでも手に入るようなものが無性に
恋しくなったものです。
今では逆に、家庭で開かれる騒々しいホームパーティーやタコスの皮にする
ティージャと呼ばれるパンのようなメキシコでは普通に手に入るものが無性に
恋しくなります。

今年は、iddさんのスタジオから天神祭の花火を見させていただきました。
ちょっとピンボケ写真になってしまいましたが、実際には優雅さと迫力が
相まって素晴らしい夏の花火を久々に楽しませていただきました。
いつもあって気付かないもののなかで一番大切なものは、奇跡的にも67年
もの間続いているこの日本の平和ではと思う夏でもあります。

comment

⇒   byHIROKO (URL)  at2012-08-17 03:43 X

TequilaMasaさん、こんにちは。
久しぶりにコメントさせてもらっています。
私が恋しくなるのは、ほとんど食べるものばかりですが、確かに日本の花火も見たくなりますね。こちらでも音だけでなくて、火花の散る花火も時々見られますが、日本のようなまん丸のきれいな花火が恋しくなります。あとはそれに伴う、夏の夜の空気や屋台や、お祭りの雰囲気、なんて思い出してしまいますね。
メキシコを離れるとパーティやトルティヤが恋しくなるものなんですね…。

⇒   byTequilaMasa (URL)  at2012-08-17 11:54 X

> HIROKOさん
コメント、ありがとうございます。
日本へ一時帰国するにもかなり費用が掛かりますが、それでも20年・30年前に比べると比べものにならないくらい安くなったので、昔に比べれば少し気軽に帰国することができるようになったと思います。
ちょっと懐かしくなったら帰国して英気を養ってください。
あの頃は、学生時代の友人達にも会いたくなりましたが、メキシコに住んでいて一時帰国したときの方が会っていた感じです。歳のせいもあるのでしょうし、今はいつでも会えるという気があるのか、かえって会わなくなってしまいました。
食べ物はもちろんですが、メキシコの太陽や海も懐かしくなりますよ!
メキシコ人の友人達は、いつ行っても明るく楽しく歓迎してくれるので、今は逆にメキシコへ一時帰国するっていう感覚になっちゃってます。
非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる