ふたつの古代アート展


先週、旅先で出会ったふたつの古代アート展に魅了されました。

ひとつは、火曜日に訪れた東京都美術館の"ルーブル美術館展
-地中海 四千年のものがたり-"、
もうひとつは土曜日に訪れた岡山市立オリエント美術館で
開催されている"古代ガラス展-色彩の饗宴-"でした。



4000年前、3000年前、2000年前の人手による造形物を間近に
すると、その完成度の高さに感嘆せざるを得ません。

古代ギリシャ・ローマ時代までには、政治・経済・科学・芸術などの
各分野で、ほぼ現在の根本的な形が出来上がっているという事実に
当時の人々のポテンシャッルの高さに敬意以上のものを感じます。

岡山のオリエント美術館では、キュレーターさんの解説ツアーに
参加することができましたので、大英博物館所蔵の貴重な展示品を
そのアート的、また時代的価値と共に触れられたことは大きな収穫
でした。

それぞれ、機会があれば是非観覧をおすすめしたい展覧会でした。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる