メキシカンタイルの表情



鎌倉市のM様が写真を送ってくださいました。

玄関床面にメキシカンタイルを使っていただいたのですが、
この写真のどこにメキシコのタイルが使われているのですか?
と、おしゃる方がいるような気もします。

大きさの違う濃い色のタイルと薄い色のタイルの間にボーダー
として使用されているのが、品番R2082の105mm角のタイル
なんです。



全体的な雰囲気から和風のタイルを使用されているようにも
見えますが、メキシコのタイルは使い方によって、その場に
合った表情を見せてくれることが分かります。

特にこのタイルの色は、唐三彩の色構成に近いという見方も
できますので、こういったシーンにもフィットするのだと思います。

もともとイスラムの世界からイベリア半島へ伝わったタイルが
そのままメキシコへ渡りましたので、どこかしらアジアや中東の
印象を残しているのも不思議ではありません。

ラスティックスタイル、アメリカンカントリーやフレンチカントリー、
米西海岸スタイル、もちろんスパニッシュやメキシカンスタイル、
それにモダンな空間にもメキシカンタイルは使われています。

使われ方によって色々な表情を見せるメキシカンタイル。
今回も、あぁこういうふうにも使えるんだという素晴らしい
実例をご紹介いただけたと思います。有難うございました。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる