都会の里海活動

いま日本各地で里海活動が少しずつ浸透してきたように実感しています。
岡山県の日生で行われたアマモ場の再生は、その代表的なものですが、
神戸市の須磨海岸でも遅ればせながら2011年9月から近年減少している
アサリをまずは再生させようということでスタートし継続されています。
この活動は、須磨水族園が中心に漁協や水族園の研究ボランティアが
参加して進められています。

鉄腕DASHというTV番組で見られるのも、都市部にある海岸域の生態系を
より豊かにしたいというような企画だと思いますが、人気アイドルグループが
番組の中心になっていて、多くの人々の目に触れることでこのような活動を
身近に感じられる方もきっと増えているのではないかと思います。

この写真は、横浜の八景島に行ったときに撮ったものですが、神奈川県
から千葉県にかけて東京湾各所でアサリ資源の保護や再生が行われて
いることが分かります。東京湾では既に良い結果がでている地域もある
ようですが、神戸市に残る数少ない砂浜の須磨海岸でも再びアサリが
採れる海岸になればと期待しています。



下の写真は、トゲモミジガイというヒトデの仲間1個体が捕食していたアサリの
稚貝やタマガイ科の仲間などの稚貝です。
2mm-7mm程度のサイズの稚貝を沢山捕食しています。

須磨海岸には離岸堤といって海岸の砂の流出を抑えるための防波堤が
いくつかあるのですが、海岸と離岸堤の海域の一部で底引き網を引くと
数百のトゲモミジガイが捕獲されました。そして、その一つ一つから
このようにアサリを含めいろいろな貝の稚貝が捕食されているのが分かり
ました。



アサリにとって最大の天敵は我々人間ですが、他の天敵と違ってアサリ
再生の手伝いができるのも人間です。
須磨海岸では、TV番組と違って大きく告知もせず少ないメンバーで粛々と
地味な活動を行われています。
海岸に遊びに来る人達が、気が付けばアサリが採れる海になっていたと
いうような感じが理想的かなと思います。

今日は、メキシカンタイルと離れて少し個人的な海の活動の話でしたが、
この活動のことも継続してお知らせしていけたらと考えています。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる