タイルの文字盤

メキシコでは、いろいろなシーンでタイルが利用されていますが、
このように大きな時計の文字盤に利用されることもあります。

この写真は、メキシコのZacatlán -サカトラン- という町にある
時計工房を見学したときに撮ったものですが、タイルのサイズは
約10cmですので、この時計の直径は70~80cmほどの大きさ
になります。



下の写真は、文字盤の部分を少し大きくした写真です。
日本だといろいろと制約があるのですが、現地ならタイルの工房に
直接掛け合ってオリジナルでこのような時計を作ることも可能です。

ホテルのロビーやサロン、美術館や教会の内部などなど、きっと
そのような場所に取り付けられるのでしょう。



タイルというのはアイデア次第で意外と利用できるシーンが
多いですね。
これからも、お客様が送ってくださる写真も含めて、ご紹介
していきたいと思っています。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる