多国籍料理 ラ・ロトンダさん

岐阜市内の柳ケ瀬通商店街で今月の1日に開店されたばかりの
La Rotondaさんから写真が届きました。
開店直前のお忙しい時間を割いて、メキシカンタイルをふんだんに
使って内装された豪華なトイレの写真です。

毎日新聞(※リンクをクリックしていただければ記事が閲覧できます)・
中日新聞にも紹介された注目のお店です。
コンセプトは、5大陸の料理とドリンクを提供されるということで、
メニューにも大陸別に記載されているとオーナーの大橋さんから
ご説明をいただきました。

送っていただいた中日新聞の記事にも紹介されていましたが、
大橋さんが訪問された40にも及ぶ国々のユニークなシステムや
宗教上の慣習など幅広く考慮されたところにロトンダさんならではの
アイデアが発揮されているようです。

例えば、一人500円でアルコール飲料を持ち込むことができる
オーストラリア方式、またムスリム(イスラム教徒)の観光客が来店
された場合には豚肉やアルコールを使わない料理を提供するなど
世界中のあらゆる国や地域から来店されても対応できる国際交流の
拠点のようなお店づくりを目指されているようです。

いくつもの国の言葉が飛び交うような楽しく賑やかなスペースに
なるのではと想像しています。

多国籍料理 ラ・ロトンダさんのデータ:
〒500-8875
岐阜市柳ケ瀬通1丁目18番地 ビクタービル1F
Tel. & Fax. 058-215-1422
E-mail : larotonda.gifu@gmail.com
営業時間 AM 11:00 - PM 10:00
定休日 木曜日

!速報!
12月19日(土)、柳ケ瀬商店街主催のイベント「ゆるくり」で、
ラ・ロトンダさん特製のピニャータが登場とのこと、子供たちには
きっと大うけ間違いなしだと思います。是非、ご参加ください!




今回の内装には、105mm角の品番"R304"6と"R3173"の2種を採用
していただきました。白地にコバルトブルーの図案が施されたメキシコ
では伝統的な模様です。
左右正面に貼られた目にも鮮やかな青・白のタイルが飛び込んでくると
入った人はきっと一瞬ハッとするんではないかと想像してしまいます。





ところで、店名にされたラ・ロトンダ-La Rotonda- とは、
日本でも採用され始めたロータリー(ラウンドアバウト)のことで
いくつかの道が流動的に行きかうことができる交差点を表す
スペイン語だと思いますが、メキシコではRotondaとは言わず
Glorieta-グロリエータ-と言われています。

メキシコでの駐在員時代に出張でコスタリカへ行ったとき、
タクシーの運転手さんにロトンダと言われて最初は何のことか
分からなかったことを懐かしく思い出しました。
同じスペイン語でも国によっていろいろ違う言い方があります。
メキシコ国内でも北部と南部とで違っていたりするので、当然と
言えば当然かも知れませんね。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる