鳩時計のヴァルトさん

先日、神戸メリケン波止場にある中突堤で深海6500とその支援
母船「よこすか」が一般公開されるという新聞記事を見つけて
さっそく見学に出掛けてきました。

ダイオウイカや熱水噴出孔の映像などエキサイティングな映像
を撮ってきてくれる潜水艇に間近で「ありがとう」と伝えることが
できて少し爽やかな気分でしたので、港から南京町の横を抜けて
元町駅方面への道のりを散歩気分でぶらりぶらりと歩いていたの
ですが、急にそうだヴァルトさんを訪ねてみようと思い立ちました。

ヴァルト01

ヴァルトさんは、以前このブログでご紹介したベトナム刺繍の
zenmaさんと同じくジェトロ(旧日本貿易振興会)のインポート
スクェアにいたときの仲間で、特にヴァルトさんとは低いパー
ティションで仕切られただけのお隣さんでしたので、林さんか
らはドイツのこと、僕の方からはメキシコのこと、それに輸入
時の苦労話などいろいろとお話しをしたのを覚えています。

そんなヴァルトさんが扱っていらっしゃるのは"鳩時計"です。
日本では"鳩時計"と呼ばれていますが、発祥の地ドイツを始め
多くの国では"カッコー時計"と呼ばれているようなので、どちらか
というとカッコー時計の方が本来の呼び名ではあるようです。

ヴァルト02

オーナーの林さんは、単身ドイツの原産地を訪れ、そしてルート
を開拓され、さらに現地で修理や調整の技術もマスターされて
生産地にあるシュヴァルツヴァルト時計協会が認定する日本で
唯一のショップを開設されたのです。
それが神戸六甲アイランドのジェトロインポートスクェアだったわけ
ですが、現在はJR元町駅東口から山側に向かって徒歩数分の
ところで営業されていらっしゃいます。

ジェトロ時代の仲間が今でも頑張り続けていらっしゃるのは、
僕にとっても心強いし励みにもなります。

ヴァルトさんのデータ:
神戸市中央区下山手通3-6-2
TEL/FAX 078-333-1888
E-mail: wald@hatodokei.com
URL: http://www.hatodokei.com/

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる