4/4 - 神戸ジャズデイ -

今年は、年明け早々にマイルス・デイヴィスの「Meles Ahead」という映画を観て、
翌月にチェット・ベイカーの「Born to be Blue」という映画を観に行きました。
それと、昨年のクリスマスに日野皓正さんのコンサートに行きましたので、
なんと3か月連続で個性的なジャズトランペッターの音に触れながら年に別れ
を告げ、新しい年を迎えるという格好になりました。

トランペットやトロンボーンといった金管楽器は、いろいろなジャンルのジャズや
ロック、それにソウルには欠かせない音と言いますか、個人的にもその音が好きで
特にそういう思いがありますが、こんなに続けてトランペッターに関わる映画や
コンサートに行くのは稀ですが、偶然の結果企画が同じ時期に重なったのでしょう。

マイルスやチェットベイカーの音源は以前からウォ-クマンに入れてはいたのですが、
実はあまり聴きこんではいませんでした。もちろんフィクションを交えているとは思いま
すが、映画を通じて彼らの人となりの一部に触れ、改めて彼らの音楽を聴くとそれなりに
以前とは違った音に聴こえてくるのが不思議で、いろいろな思いに浸りながら聴いています。



話は変わりますが、ジャズのビートは4/4、基本的なジャズのビートは4ビートです。
そんなことで4月4日は、日本のジャズの発祥地と言われる神戸のジャズデイという
ことになって、記念日としても登録されているそうです。

暮から年明けに掛けて何らかの形でジャズに関わりがあったのですが、
この4月も昨年10月に結成された神戸ユースジャズオーケストラというジャズバンドが
神戸ジャズデイ2017のイベントでデビューするという情報が入りましたので、
神戸文化ホールへ出かけてきました。

神戸ユースジャズオーケストラは、神戸および近郊の中学・高校へ通う学生で、
ジャズが好きなんだけど学校にはジャズを演奏する部活が無いといった学生たちを
学校の枠を超えて集め、プロのミュージシャンが指導するというスタイルのバンドです。
この日は、実質5か月程度の練習を重ねての演奏でしたが、ジャズ好きな学生が
集まったということもあって、なかなかの出来でした。次はいつ彼らの演奏が聴けるか
分かりませんが、もう既に待ち遠しい感じです。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる