これは、ジャンクアートではなく...

ジャンクアートと言うとちょっとシュールな現代美術的なものか、
あるいはバイクなどの乗り物やロボット的なフィギアを想像してしまいがちですが、
福本尚三さんの作品は、そのどちらにも属さないどころかそのユニークさにおいては
群を抜いているし、僕のようなものが評価するのもおこがましいといったろころです。

その作品群は、なんと表現していいのか..テーブル、イス、戸棚、掛時計、照明、本箱、
ベンチそれに壁や床にいたるまで、まだまだ書ききれない様々なアイテムが部屋という
スペースと調和し表現されたコラージュのようにも思えます。
見るためだけのアートではなく、実際の生活の中で使われても全く違和感がありません。
それは、年を経て時間と空間に馴染んだ物が、福本マジックにより新たにアレンジされ
蘇った物のもつ平穏さなのではないかと感じています。
福本さんとはプライベートなお付き合いをさせていただいていますが、
それだけでは本当にもったいない話で、本当はもっともっと広く皆さんに氏の作品を
ご紹介しなければという使命さえ感じます。

この写真は、コンティーゴのウェッブサイトでも紹介させていただいていますが、
メキシコから持ち帰った焼印をランプにアレンジしてくださったものです。
別の作品の写真が手元に無く残念ですが、許可をいただければ、
さらに多くの作品をこの場でもご紹介できればと考えています。


comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる