FC2ブログ

テンプロ・マヨール博物館 - Museo del Templo Mayor-


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます



今年最初のイメージは、世界遺産のメキシコシティ歴史地区にある遺跡
テンプロ・マヨールに併設される博物館で展示されている17世紀のメキ
シカンタイルです。

17世紀中頃からメキシコ東部のプエブラで作られ始めたマジョリカ系の
タイルですが、スペインからメキシコへ渡った陶工たちが中心になって
発展し、当時ヌエバ・エスパーニャと呼ばれていたメキシコにスペイン
本国と同じような建物を造る際の建築材として利用され、同じように
ヌエバエスパーニャ領内のキューバ、パナマ、ペルーなどへの輸出品
として扱われたようです。

メキシコシティに住んでいた頃、80年代前半の話なのですが、テンプロ・
マヨールの遺跡の上には建物があって、発掘もほとんど進んでいません
でした。大統領府とカテドラルがある場所ですので、当時から観光スポット
ではあったのですが、アステカの都はほぼ埋もれたままの状態でした。

見所が多いメキシコシティですが、テンプロ・マヨールは是非立ち寄って
いただきたいところです。併設の博物館は小さいながらも本格的なもので、
一つひとつの展示品が興味深いものばかりでした。


スマートフォンまたはパソコンでご注文のお客様は、
こちらへ↓
コンティーゴ 新タイルショップへ

パソコンでご注文のお客様は、
こちらへ↓
コンティーゴ 旧タイルショップへ

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる