FC2ブログ

タイルの家(特別編#2) -Casa de los Azulejos #extra-

前回に引き続きメキシコシティ歴史地区にあるタイルの家で
発見したトピックです。

レストランとしてのスペースは、1階と2階にあるのですが、
その2階の回廊部分だったと思うのですが、図案をタイルで
制作されたものがあって、その豪華さに目を奪われました。

ただ、いくつかあった絵をよく見ると???の部分が...。
この2枚の写真を見比べてください。



mexicocity67.jpg

上の絵が完全な形で下の絵は、少し誤魔化して?修復された
ようになっています。真中の部分が、全くオリジナルの図案
どおりに修復されておらず、適当なタイルを集めてきて貼り
付けられているのです。おそらく、現在制作されているタイ
ルを使用するとその部分だけが、浮き上がってしまうような
違和感が出てしまうのでしょう。

日本では手作り感と素朴さで人気のメキシカンタイルですが、
数百年前のタイルと現在のタイルには大きな違いがあります。

昔のタイルは、100%手作りのタイルで、陶土の準備から成型
や絵付けに至るまで一切機械が入っていません。焼成も重油や
電気ではなく薪を使った窯を使っていました。

そんなタイルなので、全体が湾曲していたり、表面がデコボコ
だったりしていたわけです。そういうタイルを貼ると温かみのある
ホッコリとした空間が生まれるわけですが、そんなタイルだと日本
ではクレームばかりの結果になること間違いなしですね。(笑)

現在制作されているメキシカンタイルの多くは、絵付け工程を
ステンシルを使って印刷されています。そんな工房が増えている
なかで、当方のネットショップで販売しているタイルは、手で
絵付けされている数少ない工房のタイルなんです。
また、成型と焼成の工程も改善されて、今では湾曲したタイルは
殆どありません。

クレームが無くなった分、メキシコタイルのコアなファンの
方々には少し物足りないものになったかも知れません。


スマートフォンまたはパソコンでご注文のお客様は、
こちらへ↓
コンティーゴ 新タイルショップへ

パソコンでご注文のお客様は、
こちらへ↓
コンティーゴ 旧タイルショップへ

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる