吹きガラス

メキシカンレストランなどへ行くと、ちょっと厚手で少し気泡が入った
ようなグラスでコロナビールやXXビールなどのメキシコビールを飲んだ方も
いらっしゃると思います。
デザインや素材感が、どこか素朴でいい感じですね。
メキシコでは、工房の数が減ってはいますが、いまでも各地の工房で職人たちが
吹きガラスを作り続けています。
それは、琉球ガラスと少し似ているところもあるようにも見えます。
メキシコはコーラを大量に消費する国ですし、沖縄では戦後、米軍が消費した
コーラ瓶などを利用し再生ガラスにしたということなので、どこか似たような
質感があるのかも知れません。

ある日、メキシコ人の友人宅でテレビを見ていると、グァテマラの民芸品市場で
メキシコのグラスとして売られている商品が、実は中国製だったことが分かって
大騒ぎしていることがありました。
確かに日本でもメキシコのグラスに似たような商品が、安価で売られているのを
見たことがあります。メキシコの製品の方が、ラフな作りというと分かりにくい
のですが、中国製の商品の方が外観は整って綺麗な感じがしました。
それでも、実際の製品としての温かみ、手作り感はメキシコ製の方がずっと良い
感じがしました。ちょっと贔屓目もあるかも知れませんが、そこはご容赦下さい。

そのようなことも影響しているのかどうか、ここのところ日本では、メキシコの
吹きガラスが、あまり見られなくなりました。しかし我が家では、いくつか
デザインの違うグラスやボトルが必需品になっています。


comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる