覗き窓の面格子

メキシコの特にコロニアルシティーと呼ばれるような町を訪れると、
ドアに取り付けられたこのようなアイアンの面格子を目にすることがあります。
これは、訪問者があったとなどきに、この面格子がある部分だけが開くように
なっている覗き窓なのです。

デザインによっては重々しい感じがして実用性が無いような感じもしますが、
もちろん装飾も兼ねていますので、建物やドアの様式とのバランスでデザインも
様々なものがあります。日本でも外壁の装飾に使ったり、ガスや電気のメーターを
隠すための格子に使用できないものかなどと考えることもあります。

とにかく、このような造作が何故か気に入っていて、散歩しながら目に付くものが
あれば写真を撮っておくようにしています。メキシコでは、こういったものは今でも
職人たちの手によって作られています。

comment

非公開コメント

プロフィール

TequilaMasa

Author:TequilaMasa
いつしかメキシコのハンドクラフトが人生の相棒になっていました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
bienvenidos
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる